軽井沢シンドローム

軽井沢の別荘地にある幼馴染の家に移り住むこととなったカメラマンの主人公が、憧れの地であり母方の祖父が住むアメリカへと渡るまでの賑やかな日々を描いた物語。主人公の視点のみに絞らず、友人や恋人、愛人、後輩といった多彩な登場人物たちがその都度メインキャラを務め、主人公を巻き込んで青春グラフィティ的なストーリーを作りあげている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
軽井沢シンドローム
作者
ジャンル
青春
レーベル
ビッグコミックス(小学館) / スーパー・ビジュアル・コミックス(ビズコミュニケーションズジャパン) / スコラ漫画文庫シリーズ(スコラ) / MF文庫(メディアファクトリー)

総合スレッド

軽井沢シンドローム(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

津野田 絵里(軽井沢シンドローム)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35
蓑輪 貴成(軽井沢シンドローム)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

日本一の長寿県!長野県が舞台となった漫画特集だら!
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

概要

アメリカに渡ることを夢見るフリーカメラマン相沢耕平と、その幼馴染でイラストレーターを志す松沼純生は、東京で食いっぱぐれ、純生の姉薫の住む軽井沢の別荘に転がりこむ。幼くして両親を亡くした耕平は、遠縁の松沼家で育てられ、純生や薫とは兄弟のように過ごしてきたが、薫にとっての耕平は、いつしか恋愛対象となっており、耕平の軽井沢移住をきっかけに、恋人同士の関係になる。

しかし、間もなく耕平には久遠寺紀子久野縁、吉沢まなみといった愛人が次々と出来、耕平一筋の薫に頭痛の種を蒔くことに。破天荒ながらも筋の通った男気溢れる耕平の周りには、男女を問わず個性的な面々が集まり、複雑に絡み合った恋物語や事件を巻き起こしていく。

登場人物・キャラクター

主人公
女性のヌードを専門に撮るフリーのカメラマン。掴みどころのない飄々とした性格ながらも義理人情に厚く、事あるごとに周囲の人間から頼られる。無類の女好きの上によくモテて、本命の恋人である薫の他にも数多の女性...
松沼薫の弟で、遠縁に当たる相沢耕平とは幼い頃から一緒に育ち、大学、就職先とも同じというくされ縁。小柄かつ優柔不断な性格でモテないが、案外気が多く、フラれて落ち込んでは次の誰かに恋している。ただし本命は...
相沢耕平の恋人で、松沼純生の姉。軽井沢にあるT美大の研究所に勤め、収入の少ない純生や耕平を支えるしっかり者。メガネがトレードマークの美人で、耕平によると「そこらのモデルよりいい体している」プロポーショ...
軽井沢の民芸屋うっでぃの一人娘。仕事も店の手伝いもせず、隣にある喫茶店ら・くかで暇つぶししていることが多い。相沢耕平に片思いしているが、叶わぬ恋と知っているため、好きな人を次々と変えていく優柔不断な処...
ハーレーダビッドソンFLH80を乗りこなすショートカットの美女で、横浜を拠点に活動していた暴走族蟻(アント)の元頭目。現役中は黒の女王の異名をとっていた。DEEPとの抗争が原因で自殺した親友の仇討ちの...
相沢耕平の仕事相手のヌードモデルかつ愛人(3号)。モデルをやめて実家のある函館へ帰るが、耕平との関係は途切れず続く。いっとき結婚話が出るが、相手は結婚詐欺師で事件に巻き込まれ死亡。その後は軽井沢にある...
恋人に先立たれ、後を追うために思い出の地である軽井沢を訪れるが、偶然相沢耕平と松沼純生に出会い、自殺を思い止まる。これをきっかけに耕平を好きになり、紆余曲折の後、耕平の愛人(4号)となることを決意。静...
喫茶店ら・くかのマスターで蓑輪みるくの兄。穏やかな性格の青年で、相沢耕平ら落ち着きのない常連客たちを笑顔で見守る。女性にはほとんど縁がなかったが、見合いで出会った片岡弥子に一目惚れ。恋を成就させ、晴れ...
T美大の学生で、蓑輪貴成の妹。松沼薫の別荘に下宿している。新宿で恩田二郎と同棲同様の生活をしていたが誤解により破局。大学の夏期講習のため軽井沢を訪れる。二郎が相沢耕平と知りあいだったことから誤解が解け...
暴走族DEEPの二代目総長だったが、対抗グループ蟻(アント)との抗争で死者が出たことからDEEP解散を決める。高崎の自動車修理工場恩田モータースの跡取り息子。蓑輪みるくとは恋人同士で、物語初期から結婚...

場所

軽井沢新道にある喫茶店で、蓑輪貴成がマスターを務める。隣は津野田絵里の実家である民芸店うっでぃ。松沼薫の別荘からほど近い距離にあり、相沢耕平ら主要登場人物たちの溜まり場になっている。耕平と松沼純生が軽...
松沼薫の父親が所有する軽井沢の別荘。当初は薫が一人で住んでいたが、相沢耕平と松沼純生が居候として転がり込んだのをきっかけに、多くの登場人物が訪れるように。蓑輪みるくの下宿先で、耕平の愛人である久野縁や...
資産家である久遠寺家が軽井沢に所有する別荘で、娘の久遠寺紀子と、亡き親友の妹木下久美子が住む。後に津野田絵里や吉崎まなみも同居。愛描ざく、ぐふ、どむも加わり、賑やかな舞台となっている。