森川 駿

風のシルフィード(漫画)の主人公。読みは「もりかわ はやお」。

  • 森川 駿
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風のシルフィード(漫画)
正式名称
森川 駿
ふりがな
もりかわ はやお

総合スレッド

森川 駿(風のシルフィード)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

森川牧場を営む森川修一郎の息子。母親は、彼が難産で生まれたため、そのまま他界している。明生学園中学に通う中学生。東大合格者が30人いるという、県下有数の進学校、千葉県立第一高等学校に、3位の成績で合格した。将来は、大学で獣医の免許を取り、牧場を継ぐつもりだった。だが、競走馬としては致命的な病気を持って生まれたシルフィードを、バカにした人たちを見返したいと思い、日本中央競馬協会(JRA)競馬学校に入学。

自ら騎手になり、日本ダービーを目指そうとした。

登場人物・キャラクター

森川牧場で調教されていた競走馬サザンウインドが生んだ、オスの競走馬。「白い稲妻」と呼ばれる。sylphidは風の妖精のことで、森川駿が通う明生中学の女教師妙子先生に付けてもらった。シルフィードを生んで...

関連キーワード

『風のシルフィード』に登場する学校。騎手及び、厩務員の養成を目的に、千葉県に設立された学校。森川駿はこの学校の騎手課程第9期入学。入学者は10名で、3年間しごかれる。全寮制で、最初の3ヶ月は外出ができ...
『風のシルフィード』に登場する牧場。森川駿、松造が働く牧場で、社長は駿の父である森川修一郎。千葉県にある、競走馬を生産している牧場。修一郎の先代の頃には100頭ぐらいの競走馬がいて、天皇賞のような重賞...

登場作品

千葉県にある競走馬育成の森川牧場に、仔馬のシルフィードが生まれた。しかしこの馬には、競走馬として致命的な病気を持っており、牧場主は薬殺しようとする。そこに、牧場主の息子森川駿が止めに入り、シルフィード...