森田 家康

森田 家康

自虐の詩(漫画)の登場人物。読みは「もりたいえやす」。森田幸江とは親族関係にある。

登場作品
自虐の詩(漫画)
正式名称
森田 家康
ふりがな
もりたいえやす
関連商品
Amazon 楽天

概要

森田幸江の父。娘を不幸にしている葉山イサオを叱りに来るが、自分も話すうちに激昂してテーブルをひっくり返す。幸江の回想では無職で借金に追われ、娘に小学生のうちからアルバイトをさせて給料を奪っていた。幸江が中学三年生の頃、水商売の女と暮らすため銀行強盗に入り、投獄された。

釈放後、郷里では知人に見栄を張って幸江が幸せな家庭を持っていると言っており、上京の際にはあさひ屋のマスターにたかっている。

関連人物・キャラクター

森田幸江

内縁の夫葉山イサオに尽くす女性。常に閉じているかのような細い目と、ホクロのある鷲鼻が特徴。大衆食堂で働いているがいつも給料をイサオに奪われてしまう。そんな不幸を嘆きながらも、イサオとの生活に僅かな幸せ... 関連ページ:森田幸江

登場作品

自虐の詩

安アパートで、無職の男葉山イサオと暮らす内縁の妻森田幸江。幸江の僅かな給料をイサオは酒とギャンブルで失い、懲りるどころか怒って暴れる毎日。そんな不幸な生活を送る幸江を周囲は心配するが、幸江はイサオとの... 関連ページ:自虐の詩

SHARE
EC
Amazon
logo