横田 三郎

横田 三郎

野球狂の詩 平成編(漫画)の登場人物。読みは「よこた さぶろう」。

登場作品
野球狂の詩 平成編(漫画)
正式名称
横田 三郎
ふりがな
よこた さぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ずんぐりとした体型の男性。東京メッツへの入団を決めた信濃高校3年生・青田心太郎の前に現れ、投球練習の相手を買って出る。元はプロ野球セントラル・リーグ東京メッツの内野手だったが、岩田鉄五郎によって自由契約となった。

関連人物・キャラクター

青田心太郎

初登場時は新潟県の信濃高校3年生。「越後の剛腕」と呼ばれた野球部のエース。春の甲子園に出場するが、そのワンマンな性格のために大会途中で退部する。火浦健を尊敬し、大阪ガメッツへの入団を希望していたが、ド... 関連ページ:青田心太郎

登場作品

野球狂の詩 平成編

プロ野球セントラル・リーグの東京メッツは、かつて破天荒なナインによって黄金時代を築いたが、20年後の現在は完全なお荷物チームと化していた。経営権を持つオーナーの息子・大山忠仁は、この惨状を見て一時は売... 関連ページ:野球狂の詩 平成編

SHARE
EC
Amazon
logo