武蔵坊 弁慶

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「むさしぼう べんけい」。別称、鬼若丸。

  • 武蔵坊 弁慶
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
武蔵坊 弁慶
ふりがな
むさしぼう べんけい
別称
鬼若丸

総合スレッド

武蔵坊 弁慶(遮那王 義経)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

漂太の家臣で「忠の者」。幼名は鬼若丸。生まれたときから歯が生え、髪も肩まで伸びていたため、鬼の子と呼ばれていた。父親に殺されかけたところを、比叡山の僧に助けられる。比叡山の使者として鞍馬寺を訪れた際、漂太(このときの名は遮那王)と出会い、友となる。

人並み外れた怪力が災いして比叡山を追放された後、次に訪れた地でも他の僧たちにうとまれ、無実の罪で追われてしまう。行き場を無くし、五条の橋で刀狩りをしていたところ、漂太と再会し、彼の家臣となる。優しい性格で争いを好まないが、戦場では鬼神のごとき戦いぶりを見せる。歴史上の実在の人物、武蔵坊弁慶がモデル。

登場人物・キャラクター

孤児の旅芸人。仲間の少年たちと共に軒下一座を名乗り、大道芸をして暮らしていた。源氏の御曹司牛若丸とうり二つの容姿をしていたことから、その身代わりを頼まれる。子供と思えない度胸の良さと行動力で大役を見事...

登場作品

親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わりとなることだった。牛若丸の境遇に同情し、身代わりを務めることを承諾...