武藤 国光

クニミツの政(漫画)の主人公。読みは「むとう くにみつ」。別称、クニミツ。

  • 武藤 国光
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
クニミツの政(漫画)
正式名称
武藤 国光
ふりがな
むとう くにみつ
別称
クニミツ

総合スレッド

武藤 国光(クニミツの政)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

元は下町のヤンキーだが、とある事件をきっかけに総理大臣となり日本の世直しをすることを目標に掲げる少年。短気だが豪快で、裏表のない性格。母親から餞別としてもらった実家である蕎麦屋のハッピを一張羅とし、髪の毛を鬼ゾリにしている。最初に弟子入りした衆議院議員・牧原宗光の命により、坂上竜馬の第二秘書となる。

中学校中退という学歴のため教養は低いものの、持ち前の行動力と常識に捉われない発想力を持って様々な不正に立ち向かい、多くの人を惹きつけていき、総理大臣の器とまで言われる。蕎麦打ちとしても確かな腕を持ち、後に竜馬そばという新千葉ヶ崎の名物を思いつく。

登場人物・キャラクター

名市長と呼ばれた坂上竜太郎を父親に持つ政治家。過去に県会議員を務めたことがあるものの、現在は政治家浪人中であり、首の回らない生活を送っていた。温和だが芯の通った人物であり、若き世代にバトンを渡すための...
坂上竜馬の県会議員時代から彼を支え続けた第一秘書。新しく秘書としてやってきた武藤国光のことを問題児として快くは思っていないが、当人も世間馴れしていない上に騙されやすく度々問題を起こしている。しかし、坂...

登場作品

とある事件をきっかけに、日本を変えるべく政治家を目指すようになった下町のヤンキー・武藤国光は、最初に弟子入りした衆議院議員・牧原宗光の命により政治家浪人中の坂上竜馬の秘書として働くことになった。しかし...