公権力横領捜査官 中坊林太郎

公権力横領捜査官 中坊林太郎

銀行と政治の世界を舞台とする大人向けの作品。バブル崩壊後、日本経済が低迷を続けていた時代、現実日本でも不良債権を巡る問題が起こり、政財界や一部の特権階級に対する不満が溢れていた。そんな時代背景のなか、公権力を悪用し私利を貪る政財界の悪人たちを、ヒーローがきっぷの良いセリフと態度でぶった斬る、痛快かつ爽快感あふれる娯楽作品。監修は佐高信。

正式名称
公権力横領捜査官 中坊林太郎
漫画
ジャンル
政治
レーベル
スーパー・プレイボーイ・コミックス Bart edition(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本経済が低迷を続け、先行きが見通せない時代。日本経済復活のために先進諸国は日本に圧力をかけ、公権力横領罪法を成立させた。これは公権力を乱用し私腹を肥やした者に対して、最低5年の懲役、さらに財産を没収できるという時限立法。中坊林太郎は、回収した資金の10分の1を報酬にするという契約で、超法規的権限を与えられた公権力横領取締室の捜査官となる。

林太郎は政治家たちの財布と化し、2兆円以上の不良債権を抱える東西銀行に銀行マンを装って潜入捜査を開始。林太郎は、豪快かつ尊大な性格をしており、仕事のやり方も非常に派手だった。政治的圧力により回収不可能と思われていた裏金や隠し財産を、警察機関、国家権力、爆弾、軍隊など、ありとあらゆる手法を使って強引に回収。

このことで追い詰められた銀行トップや政財界の重鎮たちは、林太郎を敵視し、金を巡る国家規模の闘争へと発展していく。

登場人物・キャラクター

主人公

汚職を取り締まる超法規的権限を与えれた公権力横領捜査室の捜査官。どのような権力者が相手でも尊大な態度をとる男らしい男。筋骨隆々の大男だが、武力よりも頭脳戦が得意で情報戦や策謀に長けている。彼の目的は、... 関連ページ:中坊 林太郎

東西銀行の課長。覚えたことは忘れないという特殊な記憶力の持ち主。頭取たちの命令で、表に出せない裏帳簿を記憶させられていた。そのことが原因で横領の罪をなすりつけられてしまう。自分を裏切った東西銀行に強い... 関連ページ:虹野 誠一

ゴルフリゾートを手がける業田開発の二代目。武闘派として内外に恐れられており、暴力を使うことにためらいのない気性の激しい性格をしている。政財界のドン・松丸稲次郎の隠し子。中坊林太郎とは当初敵対していたが... 関連ページ:業田 竜彦

公権力横領取締室の室長。スーツを着込んだダンディーな初老の男。正義感が非常に強く、国家の陰で私服を肥やすものたちが許せない。以前は東京地検特捜部の検事をしており、もちまえの正義感に従い、さまざまな政治... 関連ページ:江戸川 仁

東西銀行の常務取締役。出世欲が非常に強く、銀行内で汚れ役を引き受けることで昇進を重ねてきた。ところが東西銀行が危機に陥ると、それまでの尽力にも関わらず、責任のすべてを押しつけられてしまう。そのことで目... 関連ページ:木暮 泰造

東西銀行の前副頭取。落ち着いた物腰の包容力のある男性。カリスマ性が高く非常に人望が厚い。天下り組との派閥争いに敗れ、子会社社長という閑職に追いやられていた。中坊林太郎や木暮泰造の後押しを得て、東西銀行... 関連ページ:柳川 徹

民自党幹事長。何事にも動じないクールな大物政治家。データーを緻密に分析することに長け、人並み外れた強運にも恵まれている。非常に優秀な政治家。日本の未来のためには永田町の老害を排除するべきだと考えており... 関連ページ:沢田 幸四郎

集団・組織

公権力横領取締室

『公権力横領捜査官 中坊林太郎』に登場する組織。内閣官房内に設置されている。裁判を経ずに刑罰権を行使し、被選挙権や公職就任権の剥奪、財産没収をできる権限を持つ。この権限は、日本のあらゆる公権力よりも優... 関連ページ:公権力横領取締室

その他キーワード

公権力横領罪法

『公権力横領捜査官 中坊林太郎』に登場する法律。政治家や官僚が私利私欲のために公権力を乱用することを公権力横領と呼び、それを厳しく取り締まる法律。違反した場合は最低5年の懲役が科され、さらに財産を没収... 関連ページ:公権力横領罪法

SHARE
EC
Amazon
logo