死神くん

死神くん(漫画)の主人公。読みは「しにがみくん」。別称、413号。

  • 死神くん
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
死神くん(漫画)
正式名称
死神くん
ふりがな
しにがみくん
別称
413号

総合スレッド

死神くん(死神くん)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

死が近づいている人のそばに行き、その魂を霊界に運ぶのが仕事の死神。スーツ姿にネクタイ、ソフト帽を被った子供のような姿をしている。死神には固有の名前がなく、それぞれ番号が振られている。ちなみに今作品の主人公である死神くん413号である。死ぬ直前の人間に対してはなるべくクールに振る舞おうとするが、根本的なところでは心優しいおせっかい焼きである。

命を軽んじる相手には真剣に怒り、自分の判断で死神の規則を破って死の予定を延ばすなど、生死に関しては必要以上に真摯なところがある。そのため、主任に霊界ガラスのカア助を監視役として付けられた。死すべき定めではない人間の魂を奪おうとする悪魔くんとはいつも対立している。

最後は平和の使者を殺そうとする暗殺者を止めようと、彼の魂を勝手に奪って裁判にかけられるが、主任の弁護によって消滅をまぬがれた。えんどコイチのデビュー作『遠足の日』に登場したキャラクターがモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

「霊界カラス カア助登場の巻」で初登場した霊界カラス。霊界カラスは死亡予定者の身辺調査・報告が本来の仕事だが、死神たちの職務怠慢に頭を抱える主任が監視役として霊界カラスを付けることを決定した。そして、...

関連キーワード

死者は肉体から魂が離れると死神によって霊界へと送られる。霊界は常時、雲のようなものが漂っている世界で、様々なランクの死神たちと死亡予定者の身辺調査や報告をする霊界カラスらによって運営されている。個々の...

登場作品

主人公死神くんは、死に行く人の魂を間違いなく霊界に運ぶのが仕事。だが、まだ死す定めではない人が死のうとするときは、生きることの尊さを解いていく。人の望みを叶える代わりに魂を奪う悪魔くんとときには対立し...