残酷な神が支配する

アメリカとイギリス、その近郊を舞台に、性的虐待、近親相姦、DV、同性愛、未成年の売春、ドラッグ、トラウマなど、社会が抱える様々な問題を、主人公ジェルミ・バトラー一家の性的な確執を軸に描いサイコ・サスペンス。第1回手塚治虫文化賞優秀賞受賞(1997年)。

  • 残酷な神が支配する
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
残酷な神が支配する
作者
ジャンル
サイコサスペンス
 
同性愛
レーベル
PFコミックス(小学館) / 小学館文庫(小学館)

総合スレッド

残酷な神が支配する(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

ワルキューレ(残酷な神が支配する)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:38
ビビアン(残酷な神が支配する)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:38

新着関連スレッドもっとみる

概要

主人公ジェルミ・バトラーは母サンドラと二人で暮らす高校生。サンドラの再婚者グレッグ・ローランドから性的虐待を受ける。エスカレートする虐待を誰にも相談できないまま精神的に追い詰められたジェルミは、やがてグレッグに殺意を抱くようになる。殺人計画を実行に移すジェルミだが、事故当日サンドラを巻き添えにしてしまう。

一方グレッグの息子イアンは事故の真相を探るべく、ジェルミを追求し始める。

登場人物・キャラクター

主人公
真面目で素直な、母親思いの高校生。まつげが長く、陶磁器のような白くきめ細かい肌をもつ少年。父親と同じジェルミという名前をもつ。母親を名前で「サンドラ」と呼んでいる。義父グレッグから性的虐待を受けるよう...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ジェルミの母サンドラの再婚相手。ジェルミに性的虐待をする。父親から会社を受け継いだ、資産家の当主。外見的には誠実で紳士的だが、独善的で支配欲・独占欲が強く嫉妬深...
『残酷な神が支配する』に登場する人物。夫を亡くして以来息子ジェルミに恋人のように依存する母親。精神的に弱いだけでなく心臓も丈夫ではない。始終ジェルミを心配させてばかりいる。グレッグの車に同乗し事故に巻...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、グレッグの長男。長身で実母リリヤに似た美男子。特技はボクシング。女好きだが成績優秀、正義感も強い。事故の原因をジェルミに問い詰め、イアンの抱いていた父親像と全く...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、グレッグの次男。両親のどちらにも似ておらず、グレッグから疎まれていたためグレッグのことを好きではなかった。また伯母のナターシャからは甘やかされたせいかわがままな...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、グレッグの先妻。モスクワから移民してきたロシア人。リリヤの元婚約者との関係をグレッグから疑われ、ロシア語を話すことを禁じられていた。グレッグからの仕打ちに耐えら...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、イアンとマットの伯母でリリヤの実姉。モスクワから移民してきたロシア人。妹の死後、子供の世話役としてグレッグたちと同居していた。妹を亡くした悲しみからグレッグと関...
『残酷な神が支配する』に登場する人物。写真が趣味で妻は画家で、猫を7匹飼っている。保険調査員で、グレッグの事故の担当者。イアンと共に調査をするうちにジェルミとグレッグの関係を知るが冷静に分析し、混乱す...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、サンドラの世話のためにローランド家に雇われたメイド。はっきりとした性格。病気の夫がいるがイアンと関係を持ち、グレッグとジェルミの関係を知ってふたりをそれぞれゆす...
『残酷な神が支配する』に登場する人物でオルガニスト。不幸な人に必要以上に同情してしまう癖がある。ナディアのパイプオルガンの音色がジェルミの支えとなる。イアンの恋人で、イアンの心がジェルミに向いてからは...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ナディアの4つ下の妹。母親のクレアのバレエ教室でバレエを習っている。ジェルミとグループカウンセリングで出会う。幼い頃にした手術の後遺症で、自殺未遂を繰り返すよう...
『残酷な神が支配する』に登場する人物。ナディアとマージョリーの母親でバレエ教師。ナディアとは不仲だが、マージョリーのことを病的なほどに溺愛している。男好きの恋愛至上主義者。幼児期に性的虐待を受けたこと...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ナディアとマージョリーの従兄。マージョリーと同居している。ロレンツォの元恋人。ドラッグマニアでマージョリーを訪ねてきたジェルミに乱暴し、マージョリーをバスルーム...
『残酷な神が支配する』に登場する人物。クレアのインストラクターで恋人。バイセクシュアルで、パスカルの元恋人。落ち着いた大人の男性。
『残酷な神が支配する』に登場する人物。精神科医でジェルミが読んだ「十代の心身症」の著者。追いつめられたジェルミの相談相手になるが、末期ガンで亡くなる。名前を名乗れないジェルミを「アビー」と呼び、彼につ...
『残酷な神が支配する』に登場する人物。オーソンの孫娘で、エリックの双子の妹。13歳の時にエリックとの子を妊娠するが、罪の意識から子どもを殺してしまい、自殺未遂をしたバレンタインはそのショックから言葉を...
『残酷な神が支配する』に登場する人物。オーソンの孫で、バレンタインの双子の兄。ジェルミとグループカウンセリングで出会う。17歳で妻と子供がいるが、無垢な子供のような性格。幼い頃にピアノ教師から性的虐待...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ボストンから帰ってきた後のジェルミのカウンセラーの女性。ジェルミの話を慎重に聞いていき、共感、理解しようと努める。
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ジェルミの寄宿学校のルームメイト。そばかすがある。落ち着いていてしっかり者。いつもジェルミのことを気にかけているが、グレッグに虐待され追い詰められていたジェルミ...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ジェルミの寄宿学校のルームメイト。活発な性格。ルームメイトにもう一人チャーリーという名前がいるので「チキチキ」と呼ばれている。
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ジェルミの寄宿学校のルームメイト。おっとりしている性格。チキチキとよくふざけあっている。
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、寄宿学校の学生。グレッグからの虐待で痛む傷にと、ジェルミにヘロインを渡す。麻薬中毒者で、学校の屋根から飛び降り騒ぎを起こし、学校を退学した。
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、寄宿学校のジェルミの同級生。自動車マニアで、自動車事故の新聞記事をスクラップしている。このスクラップをヒントにジェルミは、事故と見せかけたグレッグの殺害計画を立...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ジェルミのボストン時代の同級生。イギリスから戻ったジェルミと再会、同居し、売春で生計を立てる。ドラッグ常習者の不良であるが、親切で情に篤く、心優しい少年。その後...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ボストンのルドルフ高校の教師。ジェルミのような売春で生計を立てる若者や不良少年などに声をかけ、勉強させようとしている。
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ジェルミとキャスと同居する少年。もともと父親に虐待され養子先を転々とし、画家と暮らしていたが捨てられ、ゴミ捨て場にうずくまっているところをキャスに拾われる。重度...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ジェルミがグレッグに連れて来られたメイスンのホテルで出会った娼婦。ナターシャがグレッグのもとを去った頃から、ジェルミと出会う前までのグレッグの客だった。ディジー...
『残酷な神が支配する』に登場する人物で、ボストン時代のジェルミの恋人。ビビにグレッグから性的虐待を受けていることを話せず、ビビを傷つけてしまう。その後ビビからジェルミ宛に送った手紙はジェルミには届かず...

その他キーワード

『残酷な神が支配する』に登場する物語。実在するオペラ「ワルキューレ」の内容がモデルとなっており、人間の双子の兄妹ジークムントとジークリンデがエリックとバレンタインになぞらえている。
『残酷な神が支配する』に登場する美術品。サンドラの働くアンティークショップにある日本刀の鍔。桜の模様の四角い形の鍔で、2つ揃って1組のデザインになり、サンドラとグレッグが偶然それぞれを持ち合わせていた...