海の魚鱗宮

幼い娘とともに郷里へ戻った寿子が、記憶の底に埋められた幼女の頃の記憶が蘇ることによって、恐ろしい真実の姿が浮かび上がってくるというホラー色のあるミステリアスな作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
海の魚鱗宮
作者
ジャンル
サスペンス一般
 
ホラー一般

総合スレッド

海の魚鱗宮(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

奈保子(海の魚鱗宮)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
和美(海の魚鱗宮)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

概要

父親の13回忌で娘と共に故郷に久しぶりに帰省した寿子は、かって海で溺れ死んだ奈保子という少女のことを思い出す。寿子の記憶では、その少女が死んだのは自分のせいだったはずだが、実は当時隣に住んでいた石田啓一という青年が原因だった。そして、12年を経て、啓一も舞い戻ってきていたことを知る。寿子の中に言い知れぬ不安がひろがっていくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
自分の郷里を12年もの間、無意識に避け続けていた。一人娘には、なぜか男の子のような服装ばかりさせてしまうが、その理由について寿子自身は気づいていない。久しぶりに帰省した故郷で思いがけない真実を知ること...
寿子の6歳の娘。女の子なのにいつも男の子のような服装を寿子からさせられている。
子供時代寿子と同じ幼稚園に通っていた、容姿の可愛らしい女の子。寿子が貸した帽子を巡り、些細なことで喧嘩した翌日、海辺で遺体となって発見される。
寿子が幼い時に実家の隣に住んでいた男性。