海江田 醇

娚の一生(漫画)の登場人物。読みは「かいえだ じゅん」。

  • 海江田 醇
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
娚の一生(漫画)
正式名称
海江田 醇
ふりがな
かいえだ じゅん

総合スレッド

海江田 醇(娚の一生)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

五十代の大学教授。専門は哲学。東京の淑愛女子大学で教鞭を取っていたが、角島大学勤務の友人が病気となったため、その代理で赴任してきた。かつて堂薗つぐみの祖母下屋敷十和が大学で講師をしていたとき、同じ大学の哲学科に通っており、かつ下屋敷十和に恋情を寄せていた。下屋敷十和の死後、角島県で生活するにあたり、以前合鍵をもらっていた+Q230下屋敷十和の家を使おうと引越しをしてきた。

下屋敷十和の葬式で堂薗つぐみに一目惚れをし、彼女に迫る。二歳の頃に捨て子に遭い、幼少期は養父母を実の親だと信じていた。

登場人物・キャラクター

堂薗つぐみの祖母。染色家であり、かつては東京の大学で講師をしていたこともある。当時の学生である海江田醇に想いを寄せられ、故郷角島県鶴水市まで追いかけて来た海江田醇に離れの部屋の合鍵を渡している。
三十代後半のキャリア系OL。東京の大手電機会社四つ葉電機株式会社で、原子力事業部プロジェクト管理課課長を務めており、「ミス原発」と呼ばれていた。妻子持ちの同僚との不倫の恋に疲れ、長期休暇を取って角島県...

登場作品

東京の大手電機会社四つ葉電機株式会社で原子力発電事業部の課長を務める堂薗つぐみは、大きなプロジェクトと不倫の恋の疲れから、長期有給休暇を取って角島県鶴水市にある母の実家で生活を始めた。しかし入院してい...