源 保光 娘

超訳百人一首 うた恋い。(漫画)の登場人物。読みは「みなもと の やすみつ の むすめ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
超訳百人一首 うた恋い。(漫画)
正式名称
源 保光 娘
ふりがな
みなもと の やすみつ の むすめ

総合スレッド

源 保光 娘(超訳百人一首 うた恋い。)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

実在の歴史上の人物源保光娘がモデル。藤原義孝の妻となる。しかし、彼は文を送るばかりで一向に会いに来ようとしなかったため、不安を覚えていた。後に藤原定家が編纂した百人一首の50番に取り上げられる義孝の歌は、彼女と迎えた朝に詠まれたといわれている。

登場作品

藤原定家は、親戚の宇都宮頼綱の別荘の障子を飾る色紙形に記される歌の選定を任される。これがのちの百人一首となった。歌に込められた詠み人達の恋が展開されていく。