漂太

漂太

遮那王 義経(漫画)の主人公。読みは「ひょうた」。別称、牛若。

登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
漂太
ふりがな
ひょうた
別称
牛若
別称
遮那王
別称
源 義経
関連商品
Amazon 楽天

概要

孤児の旅芸人。仲間の少年たちと共に軒下一座を名乗り、大道芸をして暮らしていた。源氏の御曹司牛若丸とうり二つの容姿をしていたことから、その身代わりを頼まれる。子供と思えない度胸の良さと行動力で大役を見事務めるが、それが仇となり、平家の棟梁・平清盛に目を付けられる。

そしてその天賦の才を恐れた平清盛によって、鞍馬寺に追放されてしまう。それから数年後、遮那王を名乗り修行の日々を送る漂太のもとに、牛若丸危篤の報せが届く。死の間際、牛若丸から打倒平家の夢を託された漂太は、本物の牛若丸として生きることを決意。平家を討つ力を手に入れるため、家来となった武蔵坊弁慶と共に藤原秀衡が治める奥州へと旅立つ。

元服し源義経と名を変えた漂太は、奥州の地で多くの人々と出会い、頼れる味方を手に入れていく。身代わりを務めた牛若丸とは、身分を超え、固い友情で結ばれていた。背が低いことを気にしており、それがもとでケンカになることも。歴史上の実在の人物、源義経がモデル。

登場作品

遮那王 義経

平安時代を舞台に、源義経の生涯を描く歴史ロマン。源氏を勝利に導いた源義経の正体が実は孤児の旅芸人で、幼少時に本物の牛若丸と入れ替わっていたという設定。続編に、源平合戦での源義経の活躍を描いた『遮那王 ... 関連ページ:遮那王 義経

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
牛若丸
武蔵坊 弁慶
伊勢 三郎 能盛
源 頼朝
東光坊 蓮忍
logo