火の鳥 復活編

火の鳥 復活編

事故で脳の大半を人工頭脳にされたレオナ・宮津には、生物が無機物の塊に見えるようになってしまった。その彼が恋したのは、ロボットのチヒロだった。無機物と生物の境界、ロボットと人間の境界、そして生命とは何かをみつめるSFロボット叙事詩。

正式名称
火の鳥 復活編
作者
ジャンル
SF一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

西暦2482年、エア・カーから転落し死亡したレオナ・宮津は、ニールセン博士の手術で脳の大半を人工頭脳に代えられ復活する。しかし、それ以来彼には生物が無機物の塊に見えるようになってしまった。唯一、かれに人間らしく見えたのは、ある会社に所有されて働くロボット、チヒロであった。二人は密かに会ううちに愛し合うようになり、レオナ・宮津チヒロを奪って逃走するが、吹雪に埋もれて立ち往生し、人間やその臓器を売り買いする密輸団の手に落ちてしまう。

そして二人は思わぬ形で愛を成就することになる。

登場人物・キャラクター

火の鳥の血を手に入れることに成功するが、横取りしようとする身内に殺害される。ニールセン博士の画期的な手術は、彼の脳の大半を人工頭脳に代えるものだったが、それにより彼は復活する。ところが、よみがえった彼... 関連ページ:レオナ・宮津

人間に仕えるロボット。通常のロボットと違ってその人工頭脳は疲労を感じるので休養が必要。時には主人に口答えをするような人間くささがあり、親しみを込めて、ロボットではなくロビタと人々に呼ばれる。地上のロビ... 関連ページ:ロビタ

『火の鳥 復活編』に登場するロボット。型番はチヒロ61298号。E・カーマイクル建設会社で働くロボット。レオナ・宮津と愛し合うようになり、美しい小川のほとりでデートするように、煮えたぎる溶鉱炉を前に愛... 関連ページ:チヒロ

アメリカ、コロラド高原地帯ナバホ山附近の小屋に住む米国人の猟師。レオナ・宮津に雇われて火の鳥を追っていたが、レオナ・宮津がその生き血を採ることに成功すると、山の神の血を採ったと恐れ出す。レオナ・宮津の... 関連ページ:トワダ

月潟宇宙運輸株式会社のボスの愛人アンドロイド。ボタン一つで怒ったり、甘えたり、気分が変わる。ロビタに中途半端にエネルギーを充填され、ボスに抱きついたまま停止、ボスは身動きできず、酸素がなくなった月面移... 関連ページ:ファーニィ

親よりもロビタになついていた幼児。主人からアイソトープ農園へ送られたロビタを追っていき、放射能を浴びて死んでしまう。ロビタは行夫を農園へ誘い込んだとして有罪となり、溶解処分を言い渡される。 関連ページ:行夫

移民星へ労働力として人間を売り飛ばす密輸団のボス。眼球や内臓などもあつかう闇の商人。疲弊してきた自分の体をレオナ・宮津の体と合成することで蘇らせようとする。成功したかに見えた手術だが、1年後に体に異常... 関連ページ:密輸団のボス

密輸団の一員。手塚治虫のレギュラー・キャラクター、ハム・エッグ。売り飛ばした臓器をつかった人間たちが、やがて、身体に異常をおこして死んでいくのをみて、人間には手を出してはいけない領域があると感じるよう... 関連ページ:

密輸団で医師として働く。二つの生物をばらばらにして、一つの生物にするという研究をしており、レオナ・宮津を密輸団のボスの体を一つにする。 関連ページ:ドク・ウィークデイ

『火の鳥 未来編』で登場した猿田博士の壮年時代。星から星へと飛び回り「生命の秘密」を探す旅の途中、月面で自ら動力をきって倒れているロビタを発見。助手とする。 関連ページ:猿田博士

月面で倉庫の番人として暮らす。ロビタに間接的に殺害される。手塚治虫のレギュラー・キャラクター、ランプ。 関連ページ:月潟宇宙運輸株式会社のボス

事故で死んだレオナ・宮津を、人工細胞と人工頭脳によって生き返らせるという画期的な手術を成功させる。 関連ページ:ニールセン博士

アメリカ、コロラド高原地帯ナバホ山で、レオナ・宮津に撃たれ、燃えて復活する直前、生き血を2CC抜き取られる。レオナ・宮津と心で会話をする。 関連ページ:火の鳥

イベント・出来事

ロビタの集団自殺

『火の鳥 復活編』で扱われる事件。西暦3030年、人間の男の子行夫をアイソトープ農園へ誘い込んで殺したという罪を着せられ、容疑者とされたロボット、ロビタ10数体が溶解処分にされると、それにあわせて36... 関連ページ:ロビタの集団自殺

SHARE
EC
Amazon
logo