牌賊!オカルティ

牌賊!オカルティ

プロの競技麻雀で、効率や確率を信じるデジタル派と、目に見えないツキや流れ、科学的な根拠のない理屈を信じるオカルト派との対立の中、プロ雀士・朧夏月がデジタル派とオカルト派を学びながら麻雀に挑む競技麻雀マンガ。

正式名称
牌賊!オカルティ
作者
ジャンル
競技麻雀
レーベル
近代麻雀コミックス(竹書房)
巻数
全7巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

プロ雀士の朧夏月は、打撃系と自ら言う攻撃的な麻雀を打ち、暴言なども多い。ある日、理詰めで闘うデジタル派の梨積に心酔して仲間になるも、その打ち筋を否定されて離れてしまう。その後、群鷗刈人と卓を囲んだことから、オカルト派と呼ばれる独自の論理を知る。麻雀を通して成長していく朧夏月。一方、群鷗刈人は、オカルトシステムを操り、プロリーグで勝ち進む。

そして、G1タイトル、ビーニードルカップを制覇。絶好調の群鷗刈人は、スワローカップも制覇して2冠王になり、Aリーグのプロ雀士となる。群鷗刈人朧夏月はAリーグを勝ち上がり、デジタル派のチャンピオン梨積が待つ決勝卓へ挑む。

登場人物・キャラクター

朧 夏月

プロ雀士。攻撃的な打ち筋で、打撃系と自ら呼ぶ。攻撃的な性格のため、友達はいない。デジタル派の梨積の仲間に加わるが、攻撃的な打ち筋を否定されて離脱。ある日、群鷗刈人と知り合ったことから、少しずつ成長していく。

群鷗 刈人

プロ雀士。オカルトシステムという独自の論理で行動している。夏月と出会い、オカルトシステムを教えていく。

螺子

ギャル雀ドクターストップのメンバー(雀荘店員)。雀界のモサドと言われる程の情報通。群鷗刈人に興味を持ち、一緒にいることが多い。

梨積 港

闘牌研究グループ、デジタルクルーズのリーダー。数学的な確率で行動していく。冷静沈着な性格で、不合理なオカルトシステムを敵視する。

無頼堂 空流

プロ雀士。デジタルクルーズの若頭。仲間も捨て駒にするため、冷血と呼ばれている。自称、デジタルを超えるスーパーデジタル。

転石 苔

プロ雀士。デジタルクルーズのメンバー。自分を罠にはめた人間に、栄養ドリンクをそっと飲ませるような一面がある。スワローテイルカップのディフェンディングチャンピオンだったが、群鷗刈人に敗れる。

些渡 震梓

プロ雀士。和了までのスピードを武器にする。ビーニードルカップ保持者だったが、群鷗刈人にタイトルを奪われる。理論派で、スネークアイズカップ決勝でデジタル、オカルトの両面から解説を行う。

岬 竦

プロ雀士。些渡震梓の弟子のような立場だったが、その後「勝つためには何でもする」という師の教えにそって、多数勢力のデジタルクルーズに所属。無頼堂の勝利に貢献するが、捨て石にされる。

集団・組織

デジタルクルーズ

『牌賊!オカルティ』のグループ。プロの麻雀士、梨積が設立した闘牌研究グループ。効率や数学的な確率、デジタルな思考の打法を研究、実践する。プロ雀士によるプロリーグの大半をデジタルクルーズが占めていく。

その他キーワード

オカルトシステム

『牌賊!オカルティ』の用語。群鷗刈人が独自の理論と経験測に基づいた打牌。精神論や非論理的な好調時・不調時の理屈で行う打法。しかし、運やツキといったオカルトばかりではなく、デジタル的な論理もある。

書誌情報

牌賊!オカルティ 全7巻 竹書房〈近代麻雀コミックス〉 完結

第1巻

(2000年10月発行、 978-4812454428)

第2巻

(2001年2月発行、 978-4812454848)

第3巻

(2001年7月発行、 978-4812455340)

第4巻

(2002年4月発行、 978-4812456354)

第5巻

(2002年11月27日発行、 978-4812457306)

第6巻

(2003年8月27日発行、 978-4812458594)

第7巻

(2004年7月7日発行、 978-4812459782)

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

似ている作品
ノーマーク爆牌党
むこうぶち
logo