犬塚 孝士

すもももももも ~地上最強のヨメ~(漫画)の主人公。読みは「いぬづか こうし」。

  • 犬塚 孝士
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
すもももももも ~地上最強のヨメ~(漫画)
正式名称
犬塚 孝士
ふりがな
いぬづか こうし

総合スレッド

犬塚 孝士(すもももももも ~地上最強のヨメ~)の総合スレッド
2016.07.28 18:47

概要

「代折羅不動心眼流(ばさらふどうしんがんりゅう)古武術」という武術を継承する東側の武術家・犬塚家の長子である高校生。武術家の家系に生まれながら、過去のトラウマにより暴力恐怖症になり、幼い頃に武術の修行をやめている。武術をやめてからは検事になるため、勉強に励んでいる。

ゆえに武術の道を進んで欲しいと思っている父親とはソリが合わない。成績は学年トップ。整った顔立ちとクールな雰囲気で、クラスの女子から人気を集める。表面的には、武術を馬鹿にするような態度を取っているが、心の奥では、口だけ達者で暴力を恐れる自分を卑怯な人間だと卑下している。同じく武術家の娘である九頭龍もも子と、親同士の勝手な約束により、許婚となる。

彼を暴力恐怖症にしたトラウマとは、いじめられていたもも子を助けようとしたにもかかわらず、返り討ちに遭ってしまったというもの。もも子はそのときに孝士が勝ったという間違った記憶を持っているため、孝士は彼女のアプローチを厄介に思っている。2人の婚約は、じつは日本を東西に分けて争っていた武術家界を平和にするためのものでもある。

孝士ともも子の親は東西それぞれの長であり、孝士ともも子を結婚させることで、和平を実現させようと企んだ。平和になることを望まない東西の一部勢力により、孝士は命を狙われることとなる。

登場作品

武術嫌いで、将来は検事になることを夢見る武術家の後継・犬塚孝士。「代折羅不動心眼流(ばさらふどうしんがんりゅう)古武術」を継承する家に生まれた彼のもとに、いきなり許嫁を名乗る武術家の少女・九頭竜もも子...