獄門処

獄門処

曇天に笑う(漫画)に登場する施設。読みは「ごくもんしょ」。

登場作品
曇天に笑う(漫画)
正式名称
獄門処
ふりがな
ごくもんしょ
関連商品
Amazon 楽天

概要

明治維新以降、日本国内は士族反乱などで多くの犯罪者を抱えるようになり、さらに脱獄も後を絶たなかった。そこで政府が絶対に脱獄不可能な監獄を作ろうと考え完成したのが、滋賀県の琵琶湖に浮かぶ、巨木の中の監獄、獄門処である。

登場作品

曇天に笑う

明治維新後の日本、士族反乱などで増える罪人を収容するため、政府は湖の上に脱獄不可能な監獄「獄門処」を作った。獄門処に罪人を護送する橋渡しを担当するのは、曇神社の曇三兄弟である、長男の曇天火、次男の曇空... 関連ページ:曇天に笑う

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
曇天に笑う
logo