王島 大介

王島 大介

野球狂の詩(漫画)の登場人物。読みは「おうしま だいすけ」。火浦 健とは親族関係にある。

登場作品
野球狂の詩(漫画)
正式名称
王島 大介
ふりがな
おうしま だいすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

阪神タイガース所属の野手。右投・左打。子供のなかった養父母に拾われ熊本で育った。甲子園大会優勝チームの四番打者で、卒業後ドラフトで阪神タイガースに入団する。対火浦健の打率がずば抜けて良かったのは、実は火浦健の双子の弟であるが故だった。しかし、そのことは火浦健に双子と知られてからは彼が投球戦略を変えたため、打率は標準程度に落ちる。

関連人物・キャラクター

火浦 健

東京メッツ所属の投手。右投・右打。背番号は14番。北海道で育った剛腕投手。ヤクザだった養父が、自分のために堅気になろうとして殺され、怒りに任せ傷害事件を起こし服役。出所後、東京メッツの入団テストに合格... 関連ページ:火浦 健

登場作品

野球狂の詩

個性的な選手がひしめく、東京国分寺に本拠地を置く球団東京メッツを舞台に、50歳を超えてもなお現役の投手岩田鉄五郎をはじめ、その各人の野球に対する熱い思いと活躍が描かれる野球漫画。初期は一人にスポットを... 関連ページ:野球狂の詩

SHARE
EC
Amazon
logo