白石 和久

白石 和久

アンゴルモア~元寇合戦記~(漫画)の登場人物。読みは「しらいし かずひさ」。

登場作品
アンゴルモア~元寇合戦記~(漫画)
正式名称
白石 和久
ふりがな
しらいし かずひさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

口の周りに髭を生やした逞しい男性。かつては地頭だったが対馬に流される。蒙古軍との戦いで宗助国が討ち死にした後、同じく流人の男衾三郎、阿無志、導円、火垂と共に朽井迅三郎に合流し、参戦する。馬上での戦いでは無類の強さを発揮する。朽井迅三郎の強さを認めているものの、その戦い方に危うさを感じ取っている。

登場作品

アンゴルモア~元寇合戦記~

文永11年(1274年)秋。後に「世界を滅ぼす大王」(アンゴルモア)の出づる地と呼ばれるモンゴル(蒙古)から侵略の手が近づく対馬。嵐の中を、この対馬に向かう流人船があった。罪人としてこの船に乗っていた... 関連ページ:アンゴルモア~元寇合戦記~

SHARE
EC
Amazon
logo