白鳥 ルイ

藍の時代 一期一会(漫画)の登場人物。読みは「しらとり るい」。

  • 白鳥 ルイ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
藍の時代 一期一会(漫画)
正式名称
白鳥 ルイ
ふりがな
しらとり るい

総合スレッド

白鳥 ルイ(藍の時代 一期一会)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

週刊少年チャンピオンで、人気作『ヒップでGO!』を連載するスター作家。お色気、パンチラ、ロボットなど、読者が求める派手な作品をつくることを信条としている。秋田書店の廊下で東田正巳とぶつかり、落ちた東田の原稿を踏んで気にも留めなかったため、東田を激怒させる。流行を追うそのスタイルから、壁村からは、いずれ消えると評されていた。

絶頂期にはランボルギーニ・カウンタックを乗り回し、ファンに囲まれちやほやされていたが、作品の人気が落ち、連載が打ち切られると、食費にも困り、東田から金を借りている。打ち切られて一年半後に、妻子にも逃げられ、孤独死した。漫画家としては、最後まで頑張っていたようで、コタツの上には描きかけの原稿が置かれていた。

登場作品

東京の下町、築島に育った中学生の東田正巳は、何をしたいかが定まらず、モヤモヤした青春を送っていた。そんな東田だったが、友人やお世話になった人々から背中を押され、漫画家への道を歩み始める。