監督不行届

監督不行届

アニメ、映画監督の夫カントクくんと漫画家の嫁ロンパース。二人の結婚生活は愛と笑いとオタクに満ち満ちていた。嫁目線で夫の生態を描ききった珠玉のギャグエッセイ漫画。

正式名称
監督不行届
作者
ジャンル
エッセイ
レーベル
祥伝社
関連商品
Amazon 楽天

概要

漫画家ロンパースは、アニメ・映画監督のカントクくんと結婚。彼女は今までオタク男子や近い業界の男子と交際しない道を歩んできたが、彼と結婚することにより今まで持っていたオタク魂が復活。ロンパースは立派なオタ嫁へと成長していった。そして二人は愛と笑いとオタクに満ちた幸せな生活を送るのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

作者の漫画家安野モヨコをモデルとしている。赤ちゃん体型でぐるぐる巻きの目、ピンクのロンパースを着た姿で描かれている。自身がオタクのため、普通の人とつきあってオタク度を減少させようとしたが、カントクくん... 関連ページ:ロンパース

カントクくん

アニメーション・映画監督庵野秀明をモデルとしている。ぼさぼさの髪に無精髭、ちょっとたるんだお腹が特徴。日本のおたく四天王と呼ばれる。基本的に優しい性格で、許容範囲は広いがルーズな一面あり。意外と乙女度が高い。肉と魚が食べられない。お風呂に入るとやさしさ成分が洗い流されると言い、入るのを好まない。

庵野・マイティ・ジャック

『監督不行届』のキャラクター。庵野家の猫。ロンパースが友人から預かった子猫だったが、カントクくんも気に入りめでたく庵野家の家族に。二人に溺愛されている。

松尾 スズキ

劇作家、映画監督である松尾スズキがモデル。ロンパースとカントクくんを自作の映画恋の門に出演させる。ロンパース曰く、『監督不行届』のイラストより、本人の方が8倍かっこいいとのこと。

その他キーワード

オタ嫁

『監督不行届』に登場する用語。文字通りオタクの嫁のこと。夫のオタク趣味を許容する他に、「擬音を口にする」、「アニソンを歌う」、「おどろいた時にどもる」、「顔にタテ線が入る」、「マンガとアニメのセリフを引用する」、などの行動もたしなみとされる。

アニメ

監督不行届

アニメ監督のカントクくん(庵野秀明)と結婚することとなった、女性マンガ家のロンパース(安野モヨコ)。日本のオタク四天王に数えられるほどのオタクぶりと、子どものような無邪気な言動。 さらに極度の偏食や何... 関連ページ:監督不行届

書誌情報

監督不行届 全1巻 祥伝社〈〉 完結

第1巻

(2005年2月発行、 978-4396763541)

監督不行届 全1巻 祥伝社〈〉 完結

第1巻

(2005年2月発行、 978-4396763534)

SHARE
EC
Amazon
logo