石田 三成

影武者徳川家康(漫画)の登場人物。読みは「いしだ みつなり」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
影武者徳川家康(漫画)
正式名称
石田 三成
ふりがな
いしだ みつなり

総合スレッド

石田 三成(影武者徳川家康)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

自分を引き立ててくれた豊臣秀吉に忠義を誓い、その遺児・豊臣秀頼を盛りたてるため徳川家康と対立。私心なく義のために働く清廉な人柄だが、潔癖な面がある。また自身の清廉さがゆえに他者を疑わないところがあり、関ヶ原の戦いでは豊臣家恩顧の大名たちが徳川方に寝返ることなど想定すらしていなかった。

配下の島左近勝猛の計略で徳川家康の暗殺に成功したことを知って勢いづくが、結局遺された影武者・世良田二郎三郎元信の采配によって敗北。大坂城に落ち延びようとするものの、自分を慕う領民のためあえて捕縛される道を選ぶ。その後、家康として振る舞うことを余儀なくされた二郎三郎が滞在する大津城に連行され晒し者にされるが、事情を知る門奈助左衛門すりを通して影武者と知る二郎三郎に面会を要望。

願いがかなえられると二郎三郎に対し、秀頼への寛大な処置を涙ながらに訴えた。二郎三郎がそれを請け負うと、恬淡としてその後の処遇を受け入れる。そして訪れた処刑の日、生き延びていた左近が出現。

自身を救おうとしていることに勘づいた三成は、万一のときのために習得していた2人だけで通じる手話を用いて左近を制止し、二郎三郎のこと、そして二郎三郎が秀頼の行く末を請け負ったことを伝える。最後に左近に後事を託すと素直に刑場へと引き立てられ、呵々大笑しながら斬首された。

同時代の実在の人物・石田三成がモデルになっている。

登場作品

時は戦国時代末期。もともとは身分の上下を気にしないことが信条の道々の者だった主人公の世良田二郎三郎元信は、その鉄砲の腕を買われて一向一揆に加わっていた。そこで二郎三郎が出会ったのが元徳川家家臣の本多弥...