砂ぼうず

文明が崩壊したあとの関東大砂漠でたくましく生きる少年、砂ぼうず(水野灌太)が、次第に政府の主流派と反主流派の争いに巻き込まれ、それでも自らの信念に従って強く生きる姿を描く。SFアクション漫画。

  • 砂ぼうず
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
砂ぼうず
作者
ジャンル
SF一般
 
アクション一般
レーベル
Aspect comix(アスキー) / ビーム コミックス(アスキー、KADOKAWA)

総合スレッド

砂ぼうず(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

雨蜘蛛(砂ぼうず)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37
朝霧 純子(砂ぼうず)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37

新着関連スレッドもっとみる

概要

文明が滅んだ後の関東大砂漠で自分の価値基準に忠実に行動する砂ぼうず(水野灌太)は周囲からは嫌われているが、宅配から用心棒、借金取立てまでどんな仕事でも引き受ける優秀な便利屋だが、美女に弱く、それで失敗することが玉に瑕。遂行不可能な依頼を次々と成功させて関東大砂漠砂ぼうずの名を馳せるが、優秀な便利屋であるが故に西オアシス政府内の政府派と反政府派の争いに巻き込まれることになる。

登場人物・キャラクター

主人公
17歳。どんな依頼でも受ければ必ずやり遂げる砂漠の妖怪、砂ぼうずと呼ばれる優秀な砂漠の便利屋。ねちっこい強欲な性格で自分の利益を第一に考えるため周囲から嫌われている。女好きで女絡みでよく失敗する煩悩大...
関東最強のスゴ腕美人を目指すしたたかな小娘。14歳。水野灌太に傾倒して弟子となるが灌太を完全に信用しているわけではない。打算が利き武器の扱いに長け、殺人も厭わないがつめが甘い。川口夏子にあこがれている...
ほとんどの男を虜にする巨乳の美女。お金のためなら女の武器を利用してスパイでも裏切りでも何でもやる砂漠の何でも屋。
川口冬夫(20歳)、川口秋夫(19歳)、川口春夫(17歳)の三兄弟の便利屋。水野灌太の幼馴染だが仲は悪い。派手にマシンガンを撃ちまくる。川口夏子も含めて兄弟の絆は強い。
水野灌太の幼馴染で川口兄弟の長女。18歳。西オアシス政府軍特殊部隊軍曹。小砂いわくスゴ腕美人。幼い頃に灌太にいろいろといたずらされたトラウマを持つ。裏では西オアシスの反政府派として活動している。
関東一の宝探し名人で大守銭奴。遺跡から持ち帰ったメモリーカードから人生ゲームを復元して一大財産を築いた超お金持ちで西オアシスの実力者。反政府派に口説かれて協力するようになる。
西オアシス第三区警察生活安全課の刑事。水野灌太とはいろいろと裏取引をする癒着した関係。必要のなくなった人間は簡単に処分する冷酷さを持つ。裏では西オアシスの反政府派として活動している。
砂漠スーツ会社の研究員だったが朝霧純子にそそのかされて機密データを盗んで逃亡する。会社の刺客との交戦中に西オアシス政府情報部に捕らえられるが、後に反政府派に合流する。
南オアシス最強の取り立て屋だったが、後に南オアシス政府の傭兵となる。水野灌太のライバルで、幻術のような技や鞭などを操る。
12歳。水野灌太から独立した小砂の弟子。ハルク病患者で、恐怖が限界を超えると発病する。このハルク病の発病は、自分でコントロールできる者とできない者がおり、小出水満は、発病を制御できないタイプ。

集団・組織

『砂ぼうず』に出てくる政府。関東大砂漠にある政府の一つ。水野灌太と小泉太湖、マシンガン三兄弟が住む。保守的な政府(大滝派)と反政府派が争っている。

場所

文明が崩壊したあとにできた砂漠で白骨都市や遺跡、開拓村、給水所などが散在している。暴力が支配する、略奪や人身売買が普通に行われる無法地帯。
『砂ぼうず』の舞台となる暗黒時代の前に作られたビル群。風化していて脆い。鉄やプラスチック、機械化兵士などの前時代の遺物が残されている場合がある。

その他キーワード

『砂ぼうず』に出てくる病気。発病すると身体が大きく、筋肉質になり、手当たり次第に周囲を破壊する。発病をコントロールしできる者とできない者とがいる。

アニメ

文明が崩壊し、関東地方が砂漠に覆われて数世紀。人類は大幅に数を減らしてもまったくこりず、欲望にかられたもめごとを個人でも集団でも続けていた。そんな世の中で知名度を上げてきたのが、金と女のためなら何でも...