神無月の巫女

同じ学園に通う仲の良い来栖川姫子と姫宮千歌音は、オロチたちの復活に巻き込まれてしまう。二人の友人である大神ソウマはその一人として覚醒するが、意志で引きとどまり、オロチの血に逆らおうとする。ロボットの形をしたオロチ神のバトルが特徴。また、同性愛表現も多い。

正式名称
神無月の巫女
作者
ジャンル
アクション
 
和風ファンタジー
レーベル
角川コミックス・エース(KADOKAWA)
巻数
全2巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

乙橘学園に通う仲の良い来栖川姫子姫宮千歌音。彼女たちは誕生日の日、オロチ衆たちの復活に巻き込まれてしまう。二人の友人である大神ソウマはその一人として覚醒するが、意志で引きとどまり、オロチの血に逆らおうとする。一方来栖川姫子は「陽の巫女」、姫宮千歌音は「月の巫女」であることがわかり、この争いから逃げられないことを知る。

ツバサをはじめとしたオロチ衆は、八岐大蛇の復活のために立ち上がるが、ソウマのオロチ神を奪った姫宮千歌音に倒されてしまう。姫宮千歌音は自分たちの運命を知り、八岐大蛇を自分が復活させて、地球を壊滅状態に追い込み、愛する来栖川姫子に憎まれて殺されることを望む。

登場人物・キャラクター

来栖川 姫子 (くるすがわ ひめこ)

乙橘学園に通う少女。物静かで、おとなしい性格をしており、常に大きなリボンをつけている。学園の人気者である姫宮千歌音とは隠れた唯一無二の友人。ある日胸に太陽のマークの模様が浮かびあがり、学園に突如現れたロボット型の存在を操るオロチ衆に、「陽の巫女」として殺されそうになる。 オロチの一人だと知らず、必死に抗う大神ソウマに告白され親しい仲になるが、「月の巫女」だと明かした姫宮千歌音に貞操を奪われ、純潔ではなくなってしまう。オロチとなり、八岐大蛇が復活したことで、月の巫女である姫宮千歌音が地球を破壊しはじめた時、姫子は彼女の元に行き、愛を告げる。

姫宮 千歌音 (ひめみや ちかね)

乙橘学園に通う少女。千年続く名家のお嬢様で、文武両道才色兼備。多くの生徒に慕われる存在。来栖川姫子とは特別な親友として接していた。しかし来栖川姫子には特別な感情を抱いており、彼女に恋をしていた大神ソウマに嫉妬をしていた。自分が「月の巫女」であり、来栖川姫子が「陽の巫女」であることを知っている彼女は、来栖川姫子の純潔を奪う。 ソウマからは巫女の力を使って武夜御鳴神を奪い、オロチ衆を次々と倒していく。八岐大蛇を復活させ地球を壊滅させることで、敵として来栖川姫子を煽って殺されようとするが、来栖川姫子に愛を告げられる。

大神 ソウマ (おおがみ そうま)

乙橘学園に通う少年。スポーツ万能、学園の貴公子と呼ばれ、姫宮千歌音との仲を噂されている。実際は来栖川姫子に恋をしており、彼女に近づこうとしていた。姫宮千歌音と来栖川姫子の誕生日にオロチになってしまい、「七の首」である武夜御鳴神(タケノヤミカヅチ)を操り、暴れてしまう。 姫宮千歌音の「月の巫女」としての力で自我を取り戻した後、自分はオロチの血を抑え、オロチの面々と戦うことを決意。来栖川姫子を守り、告白する。ところが姫宮千歌音に武夜御鳴神を奪われてしまう。その後八岐大蛇を復活させ地球を一掃しようとするツバサに抗おうとし、天叢雲剣を起動。 ツバサと、自分の中のオロチの血、そして八岐大蛇と戦うことになる。

早乙女 マコト (さおとめ まこと)

来栖川姫子のルームメイトの友人。いつも身体を鍛えているスプリンター。オロチたちの戦いに巻き込まれていた来栖川姫子の悩みを聞いて支える。

ツバサ

オロチ衆「一の首」で、首領格。大神ソウマの兄。ソウマを虐待していた父から彼を守った過去がある。オロチの血に目覚めたソウマと共に歩むことを望んでおり、呪いに抗うのをやめるように勧める。本来はソウマと兄弟に戻ることを望んでいたが、それでも逆らうソウマを見て、地球の滅亡をかけてソウマと殺しあわざるを得なくなる。

シスター・ミヤコ

オロチ衆「二の首」。学園のシスターとして来栖川姫子や姫宮千歌音と接している。電撃で攻撃する八雄炬御鎚神(ヤツノオノコシズチ)を操る。

ギロチ

オロチ衆「三の首」で、乙橘学園中学部の番長。非常に大きな体格の持ち主で、鎖をカラダに巻いて武器として使っている。着ている学生服はボロボロになっている。貧乳嗜好家で、来栖川姫子が好みのタイプ。パンチで攻撃する飛埜御脚神(ヒノアシナズチ)を操る。本人はギャンギャルと呼んでいる。

コロナ

オロチ衆「四の首」。乙橘学園に通う、サバサバしたツインテールの少女。いまいちブレイクしきれないアイドル歌手で、レーコとはいつも喧嘩をしている。大宇邊御蟲神(オオウベノセナヅチ)を操る。本人はファイナルステージと呼んでおり、長い尻尾で攻撃する。

レーコ

オロチ衆「五の首」。乙橘学園通う、メガネをかけた冷静な少女。学生漫画家。いつもコロナと喧嘩をしている。火殊羅御雹神(ホノシュライズチ)を操る。火炎等を噴出して戦う。

ネココ

オロチ衆「六の首」。巨大な復活注射を打って、仲間を回復させるナース。巨大要塞型の鋳都祓御霊神(イズハラノタマズチ)を操る。

大神 カズキ (おおがみ かずき)

大神ソウマの義兄。長髪の優しい男性。民俗学者で、来栖川姫子たちが住む地域の伝承を調べている。目の前の事実が伝承通りであることを知り、来栖川姫子たちを見守る。

アニメ

神無月の巫女

平凡な女子高生来栖川姫子は、同じ誕生日の姫宮千歌音のために幼なじみの大神ソウマと共にプレゼントを選んでいた。すると突然月食が始まり、邪神ヤマタノオロチが復活する。ヤマタノオロチの配下であるオロチ衆は、... 関連ページ:神無月の巫女

書誌情報

神無月の巫女 全2巻 KADOKAWA〈角川コミックス・エース〉 完結

第1巻

(2004年10月発行、 978-4047136663)

第2巻

(2005年6月発行、 978-4047137318)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo