笛姫女

藤堂高虎伝 虎視眈々 戦国の世を生き抜いた武将(漫画)の登場人物。読みは「てきめ」。織田信長とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
藤堂高虎伝 虎視眈々 戦国の世を生き抜いた武将(漫画)
正式名称
笛姫女
ふりがな
てきめ

総合スレッド

笛姫女(藤堂高虎伝 虎視眈々 戦国の世を生き抜いた武将)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

甲斐の戦国大名武田家に仕える忍者三ツ者のくノ一。尾張の戦国大名織田信長の命を狙うが、藤堂高虎に阻まれる。その後、高虎と愛し合うようになるが、誤解により伊賀忍者の服部半蔵正成に殺された。

登場人物・キャラクター

尾張の戦国大名。藤堂高虎を配下にしようとするが断られる。天下人の座を摑みかけるが、本能寺の変によって死亡する。実在した歴史上の人物、織田信長がモデル。
戦国時代の武将。元服前から賊を倒し、その異才を主君の北近江の戦国大名浅井長政に見込まれる。尾張の戦国大名織田信長との戦に敗けた長政が死んだことで、放浪の旅に出る。さまざまな女性を愛するが、特にくノ一と...

登場作品

戦国の北近江。元服前から異才を発揮した藤堂高虎は、主君の北近江の戦国大名浅井長政に見込まれ、充実した日々を過ごす。しかし尾張の戦国大名織田信長との戦に長政が敗れ、死んだことから、放浪の旅に出る。信長を...