終末のラフター

終末のラフター

ある日世界を襲った災厄により、人口の7割が失われた。そして、終末の世界に「悪魔」と呼ばれる存在が現れる。災厄から25年後、しいたげられた者たちの戦いを描くダークファンタジー。

正式名称
終末のラフター
ふりがな
しゅうまつのらふたー
作者
ジャンル
ダークファンタジー
レーベル
少年サンデーコミックススペシャル(小学館)
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

概要・あらすじ

世界人口の7割が失われたという暗黒の午後から25年。その災厄を彷彿とさせる印である「悪魔の口」を体のどこかに持つものは不死者となり、「悪魔」と呼ばれて人々から忌み嫌われていた。左の頬に悪魔の口を持つ青年ルカと妹のハルは、5年前に突如として現れた悪魔に苦しめられ続けているという町を訪れる。町の人々に邪険な扱いを受ける彼らだったが、ルカは自らが「悪魔喰い」であることを町の長に告げ、その悪魔を葬ることを申し出る。

登場人物・キャラクター

ルカ

左頬に「悪魔の口」と呼ばれる印を持ち、「悪魔」と呼ばれる青年。黒のロングコートにマント、頭にはバンダナを巻き、腰に刀を下げている。自らを「悪魔喰い」と名乗り、訪れた町で悪魔を葬る報酬として、その悪魔の情報と金を要求している。悪魔からの被害を誇張して語り被害者ぶる人間を嘲り、悪魔を絶対悪とする人々に批判的な態度を示す。

ハル

ルカの妹で、彼と共に旅をしている。10歳くらいの幼い見た目で、民族的なポンチョに大きなリュックサックを背負い、くりくりとした大きな瞳にほっぺたのまん丸模様が特徴。ルカのことを「お兄」と呼び、懐いている。

イベント・出来事

暗黒の午後 (あんこくのごご)

「白い悪魔」によって25年前に引き起こされた、世界人口の7割が失われたという災厄のこと。巨大な蛇のような体と、全身に108の口を持つ「白い悪魔」は、海の中から突如として現れて町ごと大地や海を喰らい、笑い声のような音を発してそれを聞いた多くの生き物を殺した。7日間の死闘の末、光の剣により引き裂かれ、滅んだとされている。しかしその後、体のどこかに「白い悪魔」の口のような印をもつ人間が現れ始める。 死なない体を持つ彼らは「悪魔」と呼ばれ、人々に嫌悪され、憎まれる存在として生きている。

SHARE
EC
Amazon
logo