絵師

絵師

ふらり。(漫画)の登場人物。読みは「えし」。

登場作品
ふらり。(漫画)
正式名称
絵師
ふりがな
えし
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ふらり。』の登場人物。夕方、大川(隅田川)の河原で写生をしている若い男性の絵師。短いあごヒゲを生やしている。8話の「蛍」に登場。隠居した中年男は、散歩のたびに河原にいる彼を見ており、ある日声をかける。「真にして立ち、行にして歩み、草にして走る。つまり、筆意は筆にまかせず自分の手に心を用いるという運筆の心得です」と語り、隠居した中年男を悩ませる。

登場作品

ふらり。

江戸深川黒江町に居を構えた隠居した中年男は、毎日江戸の街を歩いて、おのれの歩幅で測量を行う訓練をしていた。多くは一人で、時には妻のお栄を伴い、江戸中を歩き、植物や動物の目で風景を幻視する。実は彼は正確... 関連ページ:ふらり。

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
隠居した中年男
お栄
一茶
天文方暦局の役人
噺家
その他キーワード
量程器
量程車
logo