練 白龍

マギ(漫画)の登場人物。読みは「れん はくりゅう」。アル・サーメンとはライバル関係。練白瑛とは親族関係にある。

  • 練 白龍
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
マギ(漫画)
正式名称
練 白龍
ふりがな
れん はくりゅう

総合スレッド

練 白龍(マギ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

煌帝国第四皇子。影で闇の組織アル・サーメンと繋がっている祖国を滅ぼそうと目論んでいる。そのため、アル・サーメンの幹部である母練玉艶のことをひどく憎む。留学生としてシンドリア王国を訪れたとき、シンドリア王国国王シンドバッドに力を借りるため協力を要請した。姉の練白瑛から身の回りのことはなんでも自分でできるようになれと仕込まれていることもあってか、料理が得意である。

シンドリア王国内で行動を共にすることとなったアラジンたちと第61迷宮ザガンを攻略し、ジンと呼ばれる精霊ザガンの主となった。

登場人物・キャラクター

煌帝国初代皇帝の第三子で、第一皇女。征西軍北方駐屯兵団将軍。以前迷宮を攻略したことがあり、ジンと呼ばれる精霊パイモンを従えている。争いを好まない温厚な性格で、武力ではなく理想と志こそが真に人の心を掴む...
七つの国と海を統べるシンドリア王国国王。世界に数人しかいない迷宮複数攻略者で、7人ものジンと呼ばれる妖精を従えている。バルバッド王国を訪れた際、部下と離れてひとり昼寝をしていたところ元盗賊のS・ナンド...
世界を導く王を選定する創世の魔法使いマギのひとり。かつて聖宮という閉鎖的空間で生活をしていた。そこでジンと呼ばれる精霊ウーゴと出会う。以降、友達となったウーゴに頼まれて、精霊ジンが宿る金属器を探して旅...

関連キーワード

『マギ』に登場する組織。現在アラジンたちが住んでいる世界を創ったソロモン・ヨアズ・アブラヒムが生きていた頃に誕生。運命のあり方に異論を唱えた魔道士たちで形成されている。世界の裏で暗躍をし続けている。運...
『マギ』に登場する地名。少し前までは小国だったが、わずか数年で中原を平定した。周辺国に迷宮攻略者を送り込み、次々と傘下に収めている。二代目皇帝練紅徳の死後、統率下の第一皇子練紅炎が三代目皇帝になるかと...

登場作品

世界観中東がモチーフのバルバッド王国、古代中国がモデルの煌帝国、ローマ帝国を思わせるレーム帝国など、複数の国家が存在する架空の大陸が舞台。文化レベルは中世に近いが、魔法や金属器をはじめとする魔法アイテ...