翡翠峡奇譚

1935年のメキシコを舞台として、帝国大学の考古学者・脇坂伊織が、古代の遺跡に眠っていた「叡智の神」と呼ばれる少女ククルカンを巡る各国の争いに巻き込まれていくアクションアドベンチャー作品。魔法や精霊の力によるファンタジックな戦いや、ガンアクションでのバトルが見られる。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
翡翠峡奇譚
作者
ジャンル
SF一般

総合スレッド

翡翠峡奇譚(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

ギュンター・ウェブスター(翡翠峡奇譚)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33
芦屋 虹蓮(翡翠峡奇譚)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33

新着関連スレッドもっとみる

概要

帝国大学の考古学者の脇坂伊織は発掘調査中、ドイツ軍の襲撃を受け、命からがら目的の遺跡を発見する。遺跡の中で、彼は巨大な翡翠の結晶の中に眠っていた少女ククルカンの封印を解いてしまう。ククルカンはアステカ文明の神であり、世界の覇権をも握ることが出来るその力をめぐって各国が彼女の身柄を狙う。脇坂伊織ククルカンと共に各国の陰謀をかいくぐる。

登場人物・キャラクター

主人公
帝国大学考古学室の研究助手。ジャングルの奥地にある神殿の調査に赴き、そこで巨大な翡翠の中に眠っている少女ククルカンと出会う。これにより、彼女の力を狙うナチスドイツ軍と否応なく対峙してしまい、ククルカン...
暗き森の神殿にある巨大な翡翠の中に封印されており、伊織と出会った事で目覚めた少女。一瞬で神殿を吹き飛ばすほどの強力な魔術を操る事ができるが、その力を狙うナチスドイツ軍をはじめ、世界各国の標的となる。
日本から来た伊織の案内役となる現地の少年。伊織の事を旦那と呼ぶ。臆病な性格で、ククルカンが目覚めた際は、石を投げ付けようとしていた。
ナチスドイツ軍親衛隊に属する魔術師。階級は大佐。ククルカンを捕らえるために親衛隊を率いて原住民を攻撃する。目的達成には手段を選ばず、原住民を皆殺しにしてジャングルを焼き払おうとしていた。
伊織たちがベラクルスで日本人記者に囲まれた際、一喝して助け出す。表向きはただの商社員だが、正体は日本陸軍の特務機関・本郷機関の中尉であり、ククルカンの力を狙って暗躍する。
梅町の護衛であり、飯綱使い。ドイツ軍兵士を瞬殺するほどの腕前を持っている。ほとんど喋らず、梅町の命令は確実に遂行する。
日本行きの客船で伊織たちが出会ったアメリカ人の新聞記者。たまたまドイツ軍の襲撃時に居合わせてしまい。さらわれたククルカンを助け出すために共闘する。
梅町が呼び寄せた助っ人。英国人相手に略奪を働く山賊で、マレーではおたずね者。本名は谷豊。全身傷だらけなことから、虎(ハリマオ)と言う異名が付けられた。
ナチスドイツの国家保安部長官。派閥争いを有利に進めるため、グルマルキンを取り込もうと画策するものの、グルマルキンが召喚した下級悪魔に殺されそうになり、断念する。
ククルカンとは対になる神官。神を滅ぼす人間たちを根絶やしにするため、戦いを司る神テスカトリポカを名乗る。現在は封印されているが、復活を目論んでいる。