ミラ・クル・1

ミラ・クル・1

少年の未来、少女の栗島くるみ、そして未来の愛犬であるワンの体を借りたUFOとともに、スーパーマンの3人組「ミラ・クル・1」となって、さまざまな事件を解決していくSF漫画。「月刊コロコロコミック」1979年4月号から12月号にかけて連載された作品。

正式名称
ミラ・クル・1
作者
ジャンル
その他SF・ファンタジー
レーベル
小学館(小学館)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

概要・あらすじ

冴えない少年の未来はある夜、地震を感じて目を覚ました。父親と母親に話しても、地震などなかったと言われる。しかし、愛犬ワンが火の玉を追いかけていなくなったことをはじめ、自分の身の回りに異変が起きていることを感じる。翌日、部屋の床から突如現れたワンは、人語を話し、未来を異空間へと連れて行く。そこは10万光年の彼方から地球にやって来て不時着したUFOの内部だった。

昨夜の地震は、800年前に地球に不時着して以来気を失っていた、UFOのクシャミによるものだったのだ。UFOは、自らの意思を持ち、ワンと脳波をつないで、いつでもワンの体を借りて行動できるようになった。未来に「地球をもっと良い星にするために働かないか」と語りかけ、スーパーマンになれるアクセサリーを渡す。

こうして未来は、ワンとクラスメイトの栗島くるみとともに、未来の「ミラ」、くるみの「クル」、ワンの「1」を合わせたスーパーマンの3人組「ミラ・クル・1」となり、地球をより良い星にすべく、さまざまな事件を解決していく。

登場人物・キャラクター

未来 (みらい)

気弱で冴えない少年。いつもスーパーマンごっこで敵役をやらされ、ガキ大将にのされている。ある夜の地震をきっかけに、愛犬のワンに導かれてUFOと出会い、アクセサリーを身に着けることにより、スーパーマンになれる力を手に入れる。普段は普通の小学生として暮らしているが、事件が起こるとワン、栗島くるみとともに3人組のスーパーマン「ミラ・クル・1」として活躍する。 ワンを可愛がっており、動物園から脱走した動物たちを救うなど優しい性格。怪談話が苦手。

栗島 くるみ (くりしま くるみ)

未来の同級生の女の子。身代金目当ての犯人に誘拐されて3日間監禁され、殺されそうになっていたところを、未来とワンに救われる。その事実をマスコミや両親には内緒にしていたものの、どうしてそんな力を手に入れたのかを聞きだそうと未来に迫り、2人の仲間に加わって「ミラ・クル・1」として活動を始める。動物がサファリパークから逃げ出した時には、真っ先に駆けつけようと提案するなど、世の中の役に立ちたいという意識の強い活発な性格。

ワン

未来の愛犬。ある夜に起こった地震の際に外に出て、火の玉(四次元カプセル)を追いかけていなくなった。その後、手術を施され、脳波でUFOとつながることにより、人の言葉をしゃべるようになる。事件が起こると、未来や栗島くるみに知らせる役割を担い、リーダーシップも発揮する。UFOと脳波でつながっていない時は、普通の飼い犬として生活している。 近所のお屋敷で飼われている犬のエリザベスに恋をしており、エリザベスをペット泥棒から救うために、違う姿の犬に変身して活躍する。しかし、正体を知らないエリザベスに振られてしまって涙するなど、繊細な性格。

UFO

自らの意思を持ったUFO。834年前に10万光年の彼方からやって来て、流星雨にぶつかって落下。乗組員に見捨てられ、地球に不時着して以来気を失っていたが、ようやく目覚めた。あたりの様子を見るために放った、四次元カプセルに飛び込んできたワンに手術を施し、脳をつなぐことにより、ワンを介して言葉を話してコミュニケーションを取ることができるようになる。 ワンによって連れてこられた未来に、スーパーマンになれるアクセサリーを渡して、地球をより良い星にするために働くよう提案。栗島くるみも仲間に加え、「ミラ・クル・1」として3人で事件を解決していく。

ランボー

未来のクラスメイトのガキ大将の少年。身体が他の子供より大きく、いつも子分たちを従えていばっている。スーパーマンごっこが好きで、未来や他の子分に悪役をやらせている。自ら提案して実施した肝試しで、怖がりなところを見せてしまうなど、本当は気が小さい。

エリザベス

未来の近所の豪邸で飼われている雌犬。犬の大会でワールドチャンピオンになったロンドン直輸入の純血種。かわいらしいリボンをつけている。ワンから好かれており、一度は、ワンの友だちになってほしいと告白されて仲良く遊ぶようになる。しかし、横暴な飼い主の態度によって引き裂かれる。ペット泥棒に誘拐されていたところを、スタイリッシュな犬に変身したワンに救われたものの、その正体に気づかずワンのことを振ってしまう。

その他キーワード

ストロンググローブ

「ミラ・クル・1」のアクセサリーの1つ。両手にはめることで、全身の細胞を11倍にすることができ、ドアを軽くぶち破ることができる。運動神経を興奮させる作用もあるため、これを装着していると、普段よりも素早く動くことができる。

オキシタイ

「ミラ・クル・1」のアクセサリーの1つ。空気中の酸素を蓄えることができるネクタイ。このネクタイから直接肺に酸素を送り込むことができるため、高高度の空中や海深く潜っても、スムーズに呼吸することができる。

ジャンピングブーツ

「ミラ・クル・1」のアクセサリーの1つ。これを履いていれば、20メートルの高さ、50メートルの距離も一跳びすることができる。ブーツのひざのあたりにあるスイッチを押すと、体がスーッと軽くなるため、気を付けて調節しないと、空中に舞い上がり過ぎてしまうので注意が必要。

反重力ボード (はんじゅうりょくぼーど)

スケートボードにスティックがついたような形の道具。反重力場を作り出して空を飛ぶことができる。重心を前にかけるほどスピードが速くなる。飛行中の姿は人の目に見えないため、事件現場に駆けつける際も、犯人に悟られることがない。

四次元カプセル (よじげんかぷせる)

光り輝く透明な球体。この中に入れば、どんな物質にも邪魔されることなく、あらゆる場所に移動できる。主に地底にあるUFOと地上との往復移動に使われている。UFOが目覚めた際に放ったことにより、ワンが飛び込んでUFOと出会い、「ミラ・クル・1」誕生のきっかけとなった。

ほんやくマイク

宇宙旅行中に見知らぬ生物に遭遇した時に使うメカ。飴玉くらいのコンパクトな大きさ。舌の裏に置いておくだけで、どんな生物の言葉も簡単に理解することができ、しゃべることができる万能翻訳機。地球上では主に動物と会話する際に役立つ。

変身コート (へんしんこーと)

身に着けると、心に思い浮かべたイメージ通りの姿に変身できるコート。このコートを使い、ワンを名犬に変身させてわざとペット泥棒に誘拐させ、アジトに潜入して事件を解決へと導いた。

書誌情報

藤子・F・不二雄大全集 ミラ・クル・1 全1巻 小学館〈小学館〉 完結

第1巻

(2010年11月25日発行、 978-4091434456)

SHARE
EC
Amazon
logo