胸が鳴るのは君のせい

胸が鳴るのは君のせい

篠塚つかさは中学校2年生のときから、同級生の有馬隼人に片思い。一度ふられるも、あきらめることなく思い続ける。中学3年生から高校にかけての変化を描いた、片思い奮闘記。

正式名称
胸が鳴るのは君のせい
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
別コミフラワーコミックス(小学館)
巻数
全5巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

篠原つかさは中学校2年生の時に転校してきたクラスメイトの有馬隼人に2年越しの片思いをしていた。勇気を出して、中学卒業間際に告白するもふられてしまう。少しの間ギクシャクするも、有馬の停学をきっかけにふたりは元通りの距離感に。そして、同じ高校に進学したふたりは、再び同じクラスになり、徐々に距離が近づいていく。

登場人物・キャラクター

篠原 つかさ

中学3年生。中学校2年生のときから、転校してきた有馬隼人に片思いをしている。困っている人をみると思わず助けずにはいられない世話焼きな性格で、学級委員長や先生の手伝いなど、ほかの人がやらないようなことを進んで行っている。高校は北高に進学する。

主人公篠原つかさのクラスメイトで、つかさの片思い相手。つかさとは仲良しで、よく話したり、一緒に帰ったりすることも。いつも余裕たっぷりでクール。女子の扱いがうまい。気まぐれで意地悪な面もあるが、無邪気に... 関連ページ:有馬 隼人

長谷部 泰広

北高の1年生で、篠原つかさや有馬隼人と同級生。転校する前の有馬と同じ中学校だった。有馬の元彼女の麻友とはいとこ同士。高校のイベントでつかさからシュシュを借りたことがきっかけで、つかさにちょっかいをだすようになる。チャラいキャラクターで、いつも周辺には女子がいる。

麻友

有馬隼人の中学時代の元彼女で、長谷部泰広のいとこ。別れた後も、有馬のことが忘れられないでいる。病弱な美少女。首に傷跡がある。お嬢様学校の聖百合丘高校に通っている。

書誌情報

胸が鳴るのは君のせい 全5巻 〈別コミフラワーコミックス〉 完結

第1巻

(2013年7月発行、 978-4091352569)

第2巻

(2013年7月発行、 978-4091354389)

第3巻

(2013年12月発行、 978-4091356604)

第4巻

(2014年4月発行、 978-4091360694)

第5巻

(2014年12月発行、 978-4091364081)

SHARE
EC
Amazon
logo