脂肪と言う名の服を着て

ゆるやかに虐げられることに慣れた地味で肥満気味な女性・花沢のこ。彼女の同僚で、美しく、他人を上手に虐げることに慣れた人の輪の中心にいる女性・橘マユミ。今の立場から抜け出したいと思いながら、自らに甘く、なかなか自分を変えられないのこと、太っている人間を虐げることでしか、ストレスを発散できないマユミのふたりが織り成すヒューマンドラマ。連載時は『やせなきゃダメ!』というタイトルであったが、単行本化にあたり改題された。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
脂肪と言う名の服を着て
作者
ジャンル
OL

総合スレッド

脂肪と言う名の服を着て(漫画)の総合スレッド
2016.09.18 13:02

新着関連スレッド

真秀等場学園(脂肪と言う名の服を着て)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.18 13:03
高見(脂肪と言う名の服を着て)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.18 13:03

新着関連スレッドもっとみる

概要

肥満気味の花沢のこは、会社でのヒエラルキーは低いものの、それなりに落ち着いた生活を送っていた。だが、ある日、彼氏の斉藤利彦が、会社の同僚、橘マユミと浮気していることを知り、痩せて彼を取り戻そうとするが、ストレスで過食を繰り返すように。なんとか決意を固め、エステサロンでのダイエットを試みるのこだが、上手くいかず、ついには嘔吐を繰り返して、不健康に痩せていくのだった。

一方、橘マユミは、のこを虐げることでストレスを発散していたが、自分の仕組んだ出来事により、のこは転属させられ、彼女を虐めることができなくなる。これにより、ストレスが発散できずに、マユミも徐々に精神の平衡を失っていくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
地味で太った女性。嫌なことがあると、ドカ食いしてストレスを和らげている。現実の世界に対して消極的に接しており、面倒なことには嵐が過ぎるのを頭を低くして待つようなところがある。斉藤利彦という彼氏がおり、...
花沢のこの同僚の女性で、同僚のうちの中心人物。美人であり、同僚たちとお酒を呑みに行くとよくナンパされる。昔からデブが嫌いで、これを精神的に叩きのめしていた。デブが打ちひしがれた姿を見ると、心が落ち着い...
花沢のこの彼氏。高圧的でヒステリックな母をもった影響で、根は女性に対して臆病であり、弱くて従順、男性からも不人気な女性にしか安心できない。時折、このような女性にしか安心できない自分が嫌になり、逆のタイ...
花沢のこがテレクラを通して出会ったおじいさん。かなりの年配者で、杖をつき、眼鏡をかけている。女性の肌に触ることで幸福感を得ており、一番良いのは太った女性の肌だと考え、のこの太ももを触りながら「太古の濃...
花沢のこの同僚。眼鏡をかけ、地味で暗い、やせた体型の女性。アーシュレイという何かを信じており、その僕を自認している。オカルトに染まっており、孤立したのこに近づき、「次元」や「波動」について語った。同僚...
エステサロン、スーパースリムセンターの経営者。花沢のこのダイエットを指導しているエステティシャン。ハッキリとした物言いをし、のこにも厳しく当たるが、エステティシャンとしての誇りをもっており、彼女がキレ...
花沢のこの同僚で、橘マユミの取り巻きのひとり。毛先をカールさせた肩上くらいまでの髪をした女性。あまり頭は良くなく、他人に頼って生きるタイプ。書類作成のミスで、桁を1つ多くしてしまい、パニックを起こして...
花沢のこの同僚で、橘マユミの取り巻きのひとり。肩下まで髪を伸ばしている。マユミの取り巻きではあるが、適度に距離をとっており、松原千夏ほど無警戒ではない。マユミが秘密クラブを取り仕切っているという噂を信...
斉藤利彦の母親。他人の粗探しをして、そこをネチネチと攻撃する性格。そのため、夫には逃げられ、息子からは辟易されている。利彦が、誰からも相手にされないような弱い女性にしか、安心できなくなった原因を作った...
花沢のこが、仕事を与えられない部署に追いやられた際に一緒になった同僚。オタクで太っており、眼鏡をかけた男性。仕事時間に同人誌を作っている。高見に同調して会社の上層部を見下し、自分の精神を保とうとしてい...
花沢のこが、仕事を与えられない部署に追いやられた際に一緒になった同僚。プライドを保つため、自分は出る杭が打たれた結果、この部署に追いやられたと公言している。眼鏡を着用し、反っ歯で鼻の穴が大きく、パーマ...

場所

『まほちゅー!』の舞台のひとつ。魔法に似た特殊な能力・マホを持つ生徒が通い、その能力を使いこなすための教育を施す私立校。ほとんどの生徒は初等部からの持ち上がりで、天王洲あいるのような編入生は12年に一...