芒 狂雲

蒼天の拳(漫画)の登場人物。読みは「ぼう きょううん」。別称、霊王。霞拳志郎とはライバル関係。

  • 芒 狂雲
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
蒼天の拳(漫画)
正式名称
芒 狂雲
ふりがな
ぼう きょううん
別称
霊王

総合スレッド

芒 狂雲(蒼天の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

北斗孫家拳の使い手。霊王の異名を持つ。非常に好戦的なうえ、強さに対してどん欲な男で北斗神拳を超えるために死の危険のある修行を繰り返していた。紅華会の呉東来の護衛任務のさい霞拳志郎と対決。秘孔の位置そのものを自在に変える秘孔変位によって北斗神拳を無力化させると、闘気を自在に操る操気術を使って、拳志郎を苦しめた。

登場人物・キャラクター

究極の暗殺拳・北斗神拳の六十二代目伝承者。閻王の異名を持つ。奔放でつかみ所のない性格をしている一方、朋友(親友の意)と認めたもののためには、命をかけて戦う義に厚い男である。北斗神拳の使い手として比類無...

関連キーワード

『蒼天の拳』に登場する拳法。北斗神拳から分派した北斗孫家拳、北斗曹家拳、北斗劉家拳の三つの総称。日本で発展した北斗神拳と違い、北斗三家拳は中国において発展した。北斗神拳と同じように経絡秘孔を操る拳法だ...

登場作品

1932年の上海。黒社会の巣窟と化したこの魔都で、青幇(チンパン)と紅華会という二つの秘密結社が激しい勢力争いを繰り広げていた。一方、三国志の時代に生まれた究極の暗殺拳・北斗神拳の伝承者である霞拳志郎...