菱沼 棋一郎

ギャラリーフェイク(漫画)の登場人物。読みは「ひしぬま きいちろう」。

  • 菱沼 棋一郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギャラリーフェイク(漫画)
正式名称
菱沼 棋一郎
ふりがな
ひしぬま きいちろう

総合スレッド

菱沼 棋一郎(ギャラリーフェイク)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

アート・ディーラー(しかし悪徳画商)で、藤田玲司がメトロポリタン美術館を退職して帰国した際、日本画の修復方法や裏の仕事のノウハウを教えた。しかし手口があまりに悪辣なので、藤田はやがて袂を分かった。ダリのような泥鰌髭を生やしている。「罠」で初登場。菱沼は、贋作を密告された仕返しに、美術専門の運輸会社の社長を罠にかけようとしたが、藤田の機転で失敗する。

その後もほとんど詐欺のような商売を続ける。「もうひとつの鳥獣戯画」に登場したとき、入院していて、余命1ヶ月を宣告されていた。藤田は、その仕事を遂行後に、菱沼の真意を知る。

登場人物・キャラクター

30代後半と見られる中年男。美術に関する尋常でない知識と人並み外れた観察力、そして神技に近い絵画修復技能を持つ。表向きは贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクの経営者で画商だが、裏では犯罪組織・闇...

登場作品

藤田玲司は、贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクのオーナー。彼は美術に関する尋常でない知識と観察力、そして天才的な絵画修復技能を持つ男だが、裏では闇社会と通じ、盗品などの正規に扱えない真作を法外...