葉月 亮介

夏雪ランデブー(漫画)の主人公。読みは「はづき りょうすけ」。

  • 葉月 亮介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
夏雪ランデブー(漫画)
正式名称
葉月 亮介
ふりがな
はづき りょうすけ

総合スレッド

葉月 亮介(夏雪ランデブー)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ぶっきらぼうに見えるが健気で一途な貧乏青年。花屋「フラワーショップSHIMAO」の店長島尾六花に一目惚れして以降、店に通いつめるようになり、常連になったころバイト募集の貼り紙を見て応募。応募時の履歴書によると、1987年4月2日生まれの22歳。「フラワーショップSHIMAO」の店員として働くことになる。

六花の誕生日の前日に告白し、交際を申し込む。六花と遊園地でデートするも、亡くなった夫の島尾篤への想いを残したままの彼女との仲が進展しないことで捨て鉢となり、酒を飲んだ勢いで篤に自らの肉体を貸すことを承諾する。それ以降、篤に体を奪われた葉月亮介は、絵本の中の世界に閉じ込められてしまう。

登場人物・キャラクター

30歳。3年前に夫の島尾篤を亡くし未亡人となって以降は、生前時の夫と始めた町の花屋「フラワーショップSHIMAO」を店長として切り盛りしている。記念日などを覚えるのが苦手なこともあり、覚えやすいように...

登場作品

貧乏青年の葉月亮平は、花屋の店長をしている島尾六花に一目惚れし店のバイトとなる。しかし六花は3年前に死去した夫の島尾篤への想いをまだ残していた。さらに葉月亮平は、店舗2階の自宅にとりついたままになって...