葉隠物語

葉隠物語

佐賀藩士の山本常朝が、弟子入りした田代陣基に話す昔語りというスタイルで、佐賀藩の歴史とエピソードを披露し、併せて武士道の本質を明らかにしていく。

正式名称
葉隠物語
作画
原作
ジャンル
歴史もの一般
レーベル
SPコミックス(さいとう・プロダクション)
関連商品
Amazon 楽天

概要

戦国武将の鍋島直茂は、主君の龍造寺隆信の討ち死ににより危機に瀕した肥後を守るため、長く苦しい戦いを続ける。

登場人物・キャラクター

主人公

戦国武将。戦国大名の龍造寺隆信に仕えていたが、隆信が戦死すると、生き残りの道を模索。苦難を重ねて肥後佐賀藩の藩祖となる。実在した鍋島直茂がモデル。 関連ページ:鍋島 直茂

肥後佐賀藩の藩士。隠居して常朝と名乗る。弟子となった田代陣基に、鍋島直茂の事跡を語り、武士道とは何かを教える。実在した山本常朝がモデル。 関連ページ:山本 常朝

肥後佐賀藩の藩士。理不尽な理由で牢人になり、腹を切ろうと決意するが、その前に武士の鑑と呼ばれる山本常朝に会おうとする。しかし常朝から武士の生き方を諭され、自分の未熟を反省。常朝に弟子入りして、鍋島直茂... 関連ページ:田代 陣基

その他キーワード

葉隠

『葉隠物語』の基となった書物。肥後佐賀藩の藩士の山本常朝が語った武士道を、田代陣基が筆記したもの。江戸中期に成立した。 関連ページ:葉隠

SHARE
EC
Amazon
logo