藤原 道雅

藤原 道雅

超訳百人一首 うた恋い。(漫画)の登場人物。読みは「ふじわら の みちまさ」。別称、道雅。

登場作品
超訳百人一首 うた恋い。(漫画)
正式名称
藤原 道雅
ふりがな
ふじわら の みちまさ
別称
道雅
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の歴史上の人物藤原道雅がモデル。本作品では無骨な男性として描かれている。平安時代の公卿で、後に藤原定家が編纂した百人一首の63番の作者。宮中の実権を握っていた祖父藤原道隆に溺愛されるが、後に家が没落する。粗暴な言動が絶えず「荒三位」と呼ばれた。当子内親王と恋をしているが、当時皇族と臣下の結婚は許されていなかった。

登場作品

超訳百人一首 うた恋い。

百人一首の歌の世界を現代語訳したエッセイコミック。一点の歌を題材にした短編『和歌物語』、その解説の『ていかメモ』、4コマ漫画で構成されている。 関連ページ:超訳百人一首 うた恋い。

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
藤原 定家
藤原 道隆
藤子
当子 内親王
logo