虎丸 竹千代

月下の棋士(漫画)の登場人物。読みは「とらまる たけちよ」。

  • 虎丸 竹千代
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
月下の棋士(漫画)
正式名称
虎丸 竹千代
ふりがな
とらまる たけちよ

総合スレッド

虎丸 竹千代(月下の棋士)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

眼鏡をかけ髭を生やした中年の男性。将棋のプロ棋士で、氷室将介が奨励会に入会した際の書類上の師匠。棋力は氷室将介の方がはるかに上だが、彼からは「虎丸師匠」と呼ばれ慕われている。師・大原巌に心酔している。将棋を深く愛し、若い頃は師・大原巌を破るほどの才能を見せたが、その後は鳴かず飛ばずの状態だった。

のちには降級のかかった瀬戸際の状態で氷室将介と対局することとなる。妻と娘、虎丸竹子がいるが、別れて生活している。

登場人物・キャラクター

和服姿で眼鏡をかけた初老の男性。将棋のプロ棋士で十五世名人の称号を持つ。日本将棋連盟会長として君臨している。1973年に村木武雄から名人位を奪い長くその座に居たが、滝川幸次に破れる。徹底して勝負にこだ...
キャップ型の帽子を被り、ラガーシャツを着て、ジーパンを履いている男子。1975年生まれで初登場時は18歳の将棋棋士。高知出身で幼少から祖父・御神三吉と将棋を指していたが、祖父推薦状を携えて上京する。書...

登場作品

祖父・御神三吉から厳しく将棋を仕込まれた氷室将介は、プロ棋士となるため故郷の高知から上京し、特例で奨励会に入会。圧倒的な強さで連勝を重ねる。プロ棋士となった氷室将介は、新設された王竜戦で重鎮大原巌・刈...