しおんの王 The Flowers of Hard Blood

しおんの王 The Flowers of Hard Blood

幼い頃に両親を殺された女子中学生が、養父の指導のもと女流棋士となる。しかし有名になるに伴い、両親を殺した犯人の影が再び彼女を襲う。運命に翻弄されながらも懸命に将棋盤に向かう、少女の戦いを描いた将棋サスペンス。「アフタヌーン」2004年5月号から2008年6月号にかけて連載された作品。

正式名称
しおんの王 The Flowers of Hard Blood
原作者
かとりまさる
作者
ジャンル
将棋
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全8巻
関連商品
Amazon 楽天

世界観

将棋が題材。女流棋士として活躍する主人公が同世代のライバルたちと切磋琢磨し、やがて養父や名人といった格上の棋士と肩を並べるほどに成長していく姿が描かれる。並行して主人公の両親を殺害した犯人を追うサスペンスとしての一面もある。

作品構成

本作『しおんの王 The Flowers of Hard Blood』の物語は、大きく3部によって構成されている。両親を殺された安岡紫音が、女流棋士となる過程で斉藤歩二階堂沙織といったライバルたちと出会い、プロになって初めてのトーナメント戦に挑む女流新旧王冠戦編が第1部。プロアマ、性別、年齢を問わない「プロアマオープントーナメント予選編」と「プロアマオープントーナメント本戦編」がそれぞれ第2部と第3部にあたる。特に第3部「プロアマオープントーナメント本戦編」では、紫音の両親を殺害した犯人の正体にも迫っていく。

あらすじ

女流新旧王冠戦編(1~11話)

安岡紫音11歳。幼い頃両親を殺害された彼女は、養父の安岡信次の指導のもと、将棋のプロになるべく研鑽を積んでいた。ついにプロへ昇格する1人を決める女流育成会リーグに出場した紫音は、そこで未来のライバルとなる斉藤歩二階堂沙織と出会う。

プロアマオープントーナメント予選編(12~29話)

安岡紫音13歳。女流1級となった紫音は、デジタルフォン社の小林の紹介で羽仁真名人の弟である羽仁悟と出会う。彼の会社が主催するプロアマオープントーナメントへの参加を勧められた紫音は、斉藤歩二階堂沙織、養父である安岡信次、そして羽仁兄弟も参加する完全実力制の戦いに挑むことになる。

プロアマオープントーナメント本戦編(30~50話)

厳しい戦いを経て、プロアマオープントーナメント予選を突破し本戦出場を果たした安岡紫音。初戦の相手が育ての親であり将棋の師匠でもある養父の安岡信次となったことに動揺する紫音だったが、自分の将棋に集中しようと覚悟を決め、対局へと臨む。一方刑事の横山は、石渡夫妻殺害事件の犯人がプロアマオープントーナメント本戦に残った羽仁悟ではないかとの疑いを持ち始める。

メディアミックス

TVアニメ

2007年10月から2008年3月にかけて、川瀬敏文監督によるTVアニメ版が放映された。主人公の安岡紫音役を川澄綾子、斉藤歩役を朴璐美、二階堂沙織役を水野理紗が演じた。シリーズ構成は山田隆司、キャラクターデザインは沼田誠也が担当している。

ゲーム

2013年9月、毎日コミュニケーションズからニンテンドーDS用ゲームソフト「しおんの王 The Flowers of Hard Blood」が発売された。内容は主人公の安岡紫音となってオリジナルストーリーを楽しむ「メインモード」と、作中のキャラクターたちと対局ができる「対局モード」、将棋のルールを学習できる「入門講座」で構成されている。

著名人との関わり

作品のイメージキャラクターとして、ファッションモデルの阿部純子が起用されている。TVアニメ放映時には、主人公の安岡紫音が着用しているものと同じ制服を来た阿部がPR活動を行った。

作家情報

かとりまさる(原作)

かとりまさるは、タレント、作家、棋士、そしてタロット占い師として活躍している林葉直子の執筆活動時の名義である。主な作品に『とんでもポリス』シリーズ、『キスだけじゃイヤ』シリーズなどがある。福岡県出身。

安藤慈朗(作者)

安藤慈朗は主に少年誌・青年誌で活躍中の漫画家。あるまじろう名義でイラストレーターや成年向け作品も手掛けている。他の作品に『ストレイジ 警視庁眼球分析班』『Happy End』などがあり、他の原作付き作品には『武士道シックスティーン』(原作は誉田哲也)、『GUY 移植病棟24時』(原作は加藤友朗)などがある。

登場人物・キャラクター

主人公

12歳でプロ棋士となり、中学校に通いながら活動している少女。茶色のボブヘアに、主に襟のついた制服のような服装で対局に挑むことが多い。おっとりしているが非常に芯の強く、大らかで素直な棋風の持ち主。幼い頃... 関連ページ:安岡 紫音

安岡紫音が11歳の時に女流育成会リーグで出会い、彼女のライバルとなる人物。暗い青色の長い髪の毛をおさげにし、前髪を眉上で斜めに短く切った髪型に眼鏡をかけている。荒削りで実践的な棋風の持ち主。髪型やかわ... 関連ページ:斉藤 歩

安岡紫音が11歳の時に女流育成会リーグで出会い、彼女のライバルとなる人物。紫がかった黒髪のストレートロングヘアに、前髪を斜めに分けた、やさしく品のある棋風の持ち主。小柄で可愛らしい紫音のことをすぐさま... 関連ページ:二階堂 沙織

プロ棋士を務める若い男性。現在の名人で圧倒的な実力を持ち、二階堂沙織の兄弟子でもある。真ん中で分けた茶髪に顎ひげを蓄え、スーツ姿で対局に臨むことが多い。子供の頃に事故で父親を亡くし、弟の羽仁悟と共に母... 関連ページ:羽仁 真

羽仁真の弟。新鋭の実業家で、金融業やIT関連の企業買収等で手広く活動している企業の若社長。アマ棋士でもあり、小林の紹介で安岡紫音と出会い勝負を持ちかける。気さくな雰囲気だが、気心の知れないところがあり... 関連ページ:羽仁 悟

安岡紫音の養父で、段位は八段のプロ棋士。粘り強く決してあきらめない性格の持ち主。棋士としては遅咲きで、思うような対局ができない時期も長かったが年齢制限ギリギリの時期で4段に昇格し、40歳を過ぎてから名... 関連ページ:安岡 信次

安岡紫音の養母でピアノ教師。紫音の本当の両親である石渡夫妻とは、紫音が安岡幸子のもとにピアノを習いに来たのがきっかけで知り合った。将棋の知識はなく、紫音の将来など、紫音と安岡信次だけで話し合って決める... 関連ページ:安岡 幸子

段位は九段のプロ棋士。真ん中で分けた長髪に和服を着た、厳しい雰囲気の人物。弟子入り志願をした斉藤歩を訝しがるが、彼の実力と本当の性別を即座に見抜き受け入れる。妻の神園京子を亡くした精神的ショックから体... 関連ページ:神園 修

安岡信次の弟子にあたる20代前半の若い男性。前髪を上げて眼鏡をかけた穏やかな雰囲気の人物。14歳の時に信次へ弟子入りを志願し、現在の段位は奨励会3段。家から仕送りを受けながら棋士として活動を行っており... 関連ページ:久谷 啓司

横山

安岡紫音の実の両親の殺害事件について調査している年配の刑事。石渡夫妻殺害事件の解決を刑事人生のしめくくりと考えており、何が起きても諦めず調査を続けたいと考えている。事件時に紫音が握りしめていた王将の駒から、犯人は将棋を指す人間ではないかと睨んでいる。

エリ

斉藤歩の友人で、同じそば屋に勤めるショートカットのラフな服装の少女。性別を偽って女性棋士として活動する歩を応援するため、彼がアルバイトに顔を出せない際はその分まで代わりに働いている。歩を応援するあまり、安岡紫音にいたずらの脅迫状を送り付ける。

携帯電話会社デジタルフォン社に勤める若い男性。一見腰が低く慇懃な雰囲気だが将棋の内容には一切興味がなく、棋士たちを見下したところがある。話題性を得られれば手段は選ばないと考えており、筒井と結託して棋士... 関連ページ:小林

斉藤 ふみ子

斉藤歩の母親で、ある病院の東館E-2号室に長期入院している女性。額を全開にしたストレートロングヘアの、優しい雰囲気の人物。自分が生きているせいで歩の人生が制限されると考えている。歩が将棋を指すことと、高校を中退していることは知らない。花が好きで、お見舞いに花束を贈られると非常に喜ぶ。

斉藤歩の父親

斉藤歩の父親。短く切った髪に痩せこけた頬をした、ろくに働かず酒浸りの生活を送っている人物。妻である斉藤ふみ子の病気は歩を産んだことが原因だと考えており、歩のみならず歩と親しいエリにも冷たく当たる。

大田 武

安岡紫音がプロアマオープントーナメントで対局したアマチュア棋士の男性。短い髪にがっしりとした体格の人物。女流棋士やアマチュア棋士を見下しており、紫音のことも格下とみなしてからかうような対局を仕掛ける。

安岡紫音がプロアマオープントーナメントで対局したアマチュア棋士の少年。無邪気で可愛らしい雰囲気の人物で、年齢も小学5年生と若いが、プロの村田9段に勝利したほどの実力を持つ。普段はインターネット上で将棋... 関連ページ:本間 素生

no name

本間素生がインターネット上で出会った、安岡紫音の両親を奪った石渡夫妻殺害事件の犯人と思われる人物。ネット将棋で素生に勝利した後、犯人しか知り得ないはずの紫音の弱点を素生に教える。以前紫音を襲おうとした人物や、不審な電話をかけてくる人物とは同一であると考えられる。

羽仁悟の亡くなった恋人。ストレートロングヘアを1つに結んだ病弱な女性。安岡紫音の実父である石渡の会計事務所でアルバイトをしていたが、石渡夫妻殺人事件の翌日に持病からくる心臓発作で亡くなった。遺体に外傷... 関連ページ:瀬戸 一美

河合 節子

女流新旧王冠戦の参加者で、その時点における女流王者。女流新旧王冠戦の優勝候補でもある。安岡紫音のことは快く思っておらず、話すことができないために直接お礼を言うこともできない彼女が周囲に大切にされる理由が理解できずにいる。

筒井

新聞社に務める若い男性。額が見えるほど髪を短く切った、細面の人物。女流新旧王冠戦の際、安岡紫音に送られた脅迫状に関して、紫音を動揺させるようなぶしつけな質問をするよう観戦者に指示し、一部始終を大々的に記事にした。以降もデジタルフォン社の小林と結託し、ゴシップ記事を作成する。

安岡紫音の養父である安岡信次の友人で、温泉旅館を経営する男性。スキンヘッドに髭を生やした、太い眉が特徴の人物。信次とは奨励会の同期で、棋士にはなれなかったため早い段階で旅館を継いだが、自分とは対照的に... 関連ページ:安岡信次の友人

イベント・出来事

石渡夫妻殺害事件

安岡紫音が4歳の時に起きた、紫音の実の両親が殺害された未解決事件。家に押し入った犯人が刃物で石渡夫妻を刺殺し、家は血の海となった。紫音は別室にいて無事だったが、犯人を目撃した恐怖と、犯人から「事件につ... 関連ページ:石渡夫妻殺害事件

女流新旧王冠戦

安岡紫音が参加した女性棋士限定の将棋大会。携帯電話会社デジタルフォン社がスポンサーとなって実現したトーナメント形式の新しい大会で、現役で直近1年間の成績が勝ち越した者と育成会に合格した者の計15名が参... 関連ページ:女流新旧王冠戦

プロアマオープントーナメント

安岡紫音が参加した将棋界前代未聞のアマプロ完全実力制オープントーナメント大会。主催はH&Kバンク、協賛は携帯電話会社デジタルフォン社。完全オープン制のためプロアマ性別年齢を問わず、参加料10万円を支払... 関連ページ:プロアマオープントーナメント

その他キーワード

勾玉のペンダント

安岡紫音が所持しているアクセサリー。1つの勾玉を紐に通して首から下げる、シンプルなデザイン。元は亡くなった紫音の実母の持ちもので、彼女の死後形見として紫音が受け取った。大切な対局には、紫音は必ず身に着けて臨んでいる。

クレジット

原作

かとりまさる

書誌情報

しおんの王 全8巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2004年10月22日発行、 978-4063143607)

第2巻

(2005年5月23日発行、 978-4063143782)

第3巻

(2006年1月23日発行、 978-4063144031)

第4巻

(2006年7月21日発行、 978-4063144185)

第5巻

(2007年5月23日発行、 978-4063144451)

第6巻

(2007年10月23日発行、 978-4063144727)

第7巻

(2008年1月23日発行、 978-4063144857)

第8巻

(2008年5月23日発行、 978-4063145052)

SHARE
EC
Amazon
logo