蜂須賀 小六

藤堂高虎伝 虎視眈々 戦国の世を生き抜いた武将(漫画)の登場人物。読みは「はちすか ころく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
藤堂高虎伝 虎視眈々 戦国の世を生き抜いた武将(漫画)
正式名称
蜂須賀 小六
ふりがな
はちすか ころく

総合スレッド

蜂須賀 小六(藤堂高虎伝 虎視眈々 戦国の世を生き抜いた武将)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

戦国武将の羽柴秀吉に仕える蜂須賀党の頭領。実は女性であったとして描かれている。くノ一。金ヶ崎の戦いの渦中で藤堂高虎と知り合い、愛するようになる。左わき腹に青い痣があり、武運を落とすという青梅を想起させるところから、自身を落ち女と卑下する。

しかし高虎に愛され、プラスの方向に変わった。実在した歴史上の人物、蜂須賀小六がモデル。

登場人物・キャラクター

戦国時代の武将。元服前から賊を倒し、その異才を主君の北近江の戦国大名浅井長政に見込まれる。尾張の戦国大名織田信長との戦に敗けた長政が死んだことで、放浪の旅に出る。さまざまな女性を愛するが、特にくノ一と...
尾張の戦国大名織田信長に仕える戦国武将。秀吉配下の蜂須賀小六の扱いを巡り、藤堂高虎とは、互いに嫌い合うようになる。しかし何度かの再会を経て、高虎の主君になった。実在した歴史上の人物、豊臣秀吉がモデル。

登場作品

戦国の北近江。元服前から異才を発揮した藤堂高虎は、主君の北近江の戦国大名浅井長政に見込まれ、充実した日々を過ごす。しかし尾張の戦国大名織田信長との戦に長政が敗れ、死んだことから、放浪の旅に出る。信長を...