赤城 容子

赤城 容子

レッド(漫画)の登場人物。読みは「あかぎようこ」。別称、鬼ババ。安達幸一とはライバル関係。

登場作品
レッド(漫画)
正式名称
赤城 容子
ふりがな
あかぎようこ
別称
鬼ババ
関連商品
Amazon 楽天

概要

革命者連盟所属。革命運動に専念するために仕事をやめた、女性活動家。体が弱く、立っていられないことも多いが、組織活動への情熱は強く、ゲリラ闘争こそが正しいと信じている。谷川博からプロポーズされた後、子供を妊娠するが、中絶。1970年に革命者連盟のリーダーに選ばれる。

1970年の銃器奪取作戦後は、ゲリラ活動に拍車をかける。赤色軍革命者連盟が山中にこもって共同軍事訓練を始めてからは、群馬県山中で、銃による殲滅戦のための赤色軍の訓練を行う。群馬県山中で逮捕。モデルは連合赤軍の元メンバー永田洋子。

関連人物・キャラクター

安達幸一

10番。革命者連盟所属。1970年の米軍基地敷地内ダイナマイト爆破や、北関東鉄砲店の銃器奪取など、ゲリラ活動の実行部隊の切り込み隊長。札幌に潜伏後、自分をリーダーとした組織の改組案を訴えるものの、赤城... 関連ページ:安達幸一

関連キーワード

赤色軍

『レッド』の登場集団。新左翼党派の一つ。1969年に大量逮捕され、ほぼ壊滅状態だった。交番襲撃事件を起こした革命者連盟と手をつなぐようになり、1971年に合同集会を開催。資金調達作戦『G作戦』で活動資... 関連ページ:赤色軍

登場作品

レッド

最初はゲバ棒と火炎瓶で戦っていたものの、全共闘運動は勢いを失う一方の1969年。左翼グループの「革命者連盟」と「赤色軍」は、1970年初頭に過激なゲリラ活動を行っていた。2つのグループは、手を組んで武... 関連ページ:レッド

SHARE
EC
Amazon
logo