越谷 卓

越谷 卓

のんのんびより(漫画)の登場人物。読みは「こしがや すぐる」。別称、兄ちゃん。小鞠とは親族関係にある。

登場作品
のんのんびより(漫画)
正式名称
越谷 卓
ふりがな
こしがや すぐる
別称
兄ちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

小学・中学合わせて生徒が5人しかいない「旭丘分校」に通う中学3年生の少年。小鞠夏海の兄。唯一の男子生徒で、眼鏡をかけている。ほとんどしゃべらないため存在感が薄く、名前も作中の説明書きやキャラ紹介以外では全くわからず、ただみんなから(教師の一穂からも)「兄ちゃん」と呼ばれている。

影は薄いがスペックは妙に高く、図工の時間に非常に出来のいい猫娘のフィギュアを粘土で作ったり、川魚を瞬時に調理したり、福引で沖縄旅行4人分を引き当てたりする。

関連人物・キャラクター

小鞠

小学・中学合わせて生徒が5人しかいない「旭丘分校」に通う。中学2年生の少女だが、身長140cm未満ととても小柄。みんなで海水浴に行ったとき、迷子扱いされたことがある。身長が低く、子供体型であることを気... 関連ページ:小鞠

関連キーワード

旭丘分校

『のんのんびより』の舞台となる学校。作品中で「旭丘」以外の地名などは、意図的にあいまいにされており、日本のどこかの「超のつく田舎」の学校、ということしか示されていない。校舎は、もう何十年も前に建てられ... 関連ページ:旭丘分校

登場作品

のんのんびより

東京で暮らしていた小学5年の少女、一条蛍は、両親の仕事の都合ですごく田舎にある街に引っ越す。彼女が通うことになった「旭丘分校」は、彼女を含めて、小学校・中学校の生徒が5人しかいない学校だった。ユニーク... 関連ページ:のんのんびより

SHARE
EC
Amazon
logo