路地恋花

京都のふきこ路地には、製本家や銀細工師、キャンドル作家に画家といった、職人や芸術家たちが集まって暮らしている。そんな「つくる人」たちが織りなす、ほっこりと温かい恋愛ストーリーを一話完結形式で描いた作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
路地恋花
作者
ジャンル
恋愛一般

総合スレッド

路地恋花(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

巽 篤郎(路地恋花)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
原田 葵(路地恋花)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

概要

京都の街の片隅に、ひっそり佇む小さな長屋。ふきこ路地と名付けられたこの長屋には、職人や芸術家たちがアトリエや店を構えて暮らしている。ある日、手作り本工房の店を営む安竹小春のもとに、十和田郁巳という元人気ギタリストが訪れ、自分が書いた楽譜や詞を本にして欲しいと依頼してくる。愛する音楽を手放した十和田の気持ちに寄り添いながら、小春は自分に出来る最高の仕事をしようと決意するのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
ふきこ路地で、手作り本工房の店「綴」を営むアラサーの女性。その仕事だけで食べていくのは難しいので、文化教室の先生や書店でのバイトを掛け持ちして生活している。大の紙フェチ。本を愛し、自分の仕事に誇りを持...
安竹小春を想う人物。元SHAKIN'HEADSのギタリストで、全ての曲で作詞作曲を手掛けていた。現在は芸能界を休業し、地元京都でイベント制作の仕事をしている。自分の書いた楽譜や詞を本にするため小春の店...
ふきこ路地に住む銀細工職人。シルバーアクセサリーショップ兼アトリエ「MONO・CHROME」の店長。常連で恋多き女性、風花の事が気になっているが、3年間想いを伝えられずにいる。風花に恋人ができる度ペア...
ふきこ路地に住む画家。予備校に行かずに国立の芸大に現役合格した強者だが、卒業後は画材を買うためバイト三昧の日々を送っている。好きな絵を描ければお金にならなくていいという欲のない性格。いまいち才能が開花...
ふきこ路地で喫茶店「夏菊」を営む男性。元はそれなりに名のある小説家だったが、スランプで書けなくなり逃げるように京都に越してきた。客として店にやってきたロリータ少女ナオミに懐かれ、次第に心を通わせていく...
ふきこ路地に住むキャンドル作家。作品の制作販売をしながら、手作りろうそく教室を開いて生計を立てている。美しく男前な女性。バツイチであり、過去の結婚生活のトラウマから再婚を望んでいなかったが、ブライダル...
ふきこ路地で「布小物佐倉屋」を営む。友禅ののり置き職人を目指しており、自分に影響を与えた人物を勝手に「師匠」と呼んでは、実家まで押しかけ弟子入りを志願している。「師匠」が脳梗塞で倒れた後、本格的にその...
ふきこ路地に住む万華鏡作家。人付き合いが苦手な引きこもり。作品自体はレベルが高く、賞を受賞するほど。かなりのお嬢様で、実家からの仕送りを頼りに生きている。高身長な事がコンプレックスで、何に対しても自分...
ふきこ路地で美容室「セベリア」を営む若者。大家の笠原早苗からは、若い頃の夫と声が似ているという理由でかなり気に入られており、毎日のようにオカズの差し入れをもらっている。いかつい見た目をしているが、しっ...
ふきこ路地で「椿靴工房」を営む靴職人。奈良の実家は有名な靴店で、父親から厳しくその技術を叩き込まれた。自分を認めない父に反発し、家を出て店を構える決意をする。足の不自由な娘のためにオリジナルローファー...
長屋ふきこ路地の大家。京の呉服店の娘に生まれる。きり絵の才能があり将来は職人になりたいと思っていたが、理解のない父親から、お見合い結婚の後、おかみになるよう言われて育った。宇宙工学を学ぶ笠原という男性...
笠原早苗の実母。呉服屋のおかみ。跡取りを産めない事で義母や義姉にイジメられたり、夫に長いこと愛人がいたりと、何かと辛い環境下で早苗を優しい子に育てあげた。見合い結婚を強要される早苗をかばうため、父親に...
ふきこ路地に住む人形作家。毎日引きこもって一体10万円程する美少女人形を作っている。劇団を主宰する女性・浅田樹安に頼まれ、劇で使う人形の制作をするようになる。決して他人に心を開かない性格だったが、樹安...
ふきこ路地で時計屋「刻」を営み、アナログ時計の修理やオリジナル腕時計の制作を行っている。ふきこ路地は、もともと亡くなった恋人が好きだった場所であり、偶然路地に立ち寄った時に長屋が住人を募集していたため...
関光生の恋人。惚れっぽくて騙されやすく、幾度となくデート商法や結婚詐欺に引っかかってしまう。新しい恋人ができる度に光生にペアリングをオーダーするが、恋が終わりを告げる度にリングを返品する。実は、いつも...
井沢皐月の恋人。祇園育ちの生粋の京女だが、ロリータファッションと洋菓子を愛し、東京弁に憧れる女子高生。はみ出し者のため学校にもなじめず登校拒否になっていたところ、偶然喫茶店「夏菊」に立ち寄り、店主の井...
巽篤郎が惚れる女性。高校の同級生である巽の夢をいつも応援し、常にマネージャー状態。画廊に巽の絵を売り込みにいった時、上手いが面白味に欠けると指摘されてしまい、自分が失踪する事で巽の絵に「狂気」という要...
ふきこ路地で「花屋一松」を営む。受注後に花を仕入れるという完全オーダー制のスタイルをとっている。華道の家元の一人息子で次期家元候補でありながら、女性関係のトラブルが多く追い出されてしまった。花と女性を...

場所

京都の路地にひっそり佇む長屋。大家の笠原早苗によって、住めるのは職人や芸術家といった「つくる人」限定という条件がある。家賃はかなり安く、住人たちはそこでアトリエや店舗を構えながら暮らしている。