逢沢 傑

逢沢 傑

エリアの騎士(漫画)の登場人物。読みは「あいざわ すぐる」。逢沢駆とは親族関係にある。

登場作品
エリアの騎士(漫画)
正式名称
逢沢 傑
ふりがな
あいざわ すぐる
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公逢沢駆の兄。鎌倉学館中等部3年。サッカーU-15日本代表で背番号10を背負うMF。11歳にしてU-13日本代表に選出され、スペインで開かれた世界大会では得点王に輝くが、不本意な警告により決勝のブラジル戦には出場できなかった。自らを王様タイプと称し、理想のパートナー像であるエリアの騎士となる選手を探し求める。

サッカー部でマネージャーをしていた弟に選手に復帰することを勧めた矢先に交通事故に遭い死亡。その心臓は弟に移植される。

関連人物・キャラクター

逢沢駆

鎌倉学館中等部2年でサッカー部のマネージャー。精神面の弱さと、将来を嘱望されている兄逢沢傑へのコンプレックスから選手を離れていたが、兄傑は選手への復帰を願っていた。その矢先に二人は交通事故に遭い傑は死... 関連ページ:逢沢駆

関連キーワード

鎌倉学館

『エリアの騎士』に登場する学校。略称は「鎌学」。主人公逢沢駆と兄逢沢傑はともに中等部に在籍。サッカー部は中等部・高等部ともに名門で知られ、熊谷監督が両者を兼任している。インターハイでは決勝まで進むも東... 関連ページ:鎌倉学館

登場作品

エリアの騎士

サッカー少年逢沢駆の兄・逢沢傑はU-15日本代表と将来を嘱望されたサッカー選手。元は自身も選手だった駆だが、あるトラウマから一線を離れ、兄と同じサッカー部のマネージャーとして日々を過ごしていた。そんな... 関連ページ:エリアの騎士

SHARE
EC
Amazon
logo