運びの犬

運びの犬

いっさいの痛みを感じることのない体質を持つ、AV女優専門の運び屋であるイヌイの生きざまを描くバイオレンス作品。「別冊ヤングチャンピオン」2019年6月号から掲載の作品。

正式名称
運びの犬
ふりがな
はこびのいぬ
作者
ジャンル
裏社会・アングラ
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

AV女優専門の運び屋であるイヌイは、精神的に不安定でスケジュールを守らないことが多いAV女優を、撮影現場にしっかりと車で届けることを仕事としていた。ある日、早朝に呼び出されたイヌイがマンションへ向かうと、女性が同居の男性と揉めており、包丁を持って錯乱していた。そんな女性をなだめようと近づいたイヌイは、包丁で腹を切られ、大腸がこぼれ出てしまう。しかし、イヌイは飛び出た大腸を素手で腹に押し込め、ホッチキスで傷口を留めると、女性を撮影現場に連れて行き、何事もなかったかのように依頼をこなす。イヌイはいっさいの痛みを感じることのない特異な体質だったのだ。そんなイヌイに報酬が700万円という破格の仕事が舞い込む。それは今、SNSで「千年に一人の美少女」と話題になっている女子高校生の森永ココアを東京に送り届ける依頼だった。(第1話。ほか、5エピソード収録)

第2巻

運び屋として、森永ココアを東京へと送り届けていたイヌイだったが、ココアをさらおうとするヤクザの金田による妨害を受ける。金田の策略によって、薬物で錯乱したココアの母は銃でイヌイの頭を撃ち、いっさいの痛みを感じない体質のイヌイもさすがに倒れてしまう。そのスキに金田はココアを連れ去り、ココアの母を人質に取って、ココアを自らのAVメーカーからデビューさせて金を稼ごうと考えていた。一方、銃で頭を撃たれたイヌイは、失血で気を失っていたが意識を取り戻し、ココア奪還のために行動を起こす。(第7話。ほか、5エピソード収録)

登場人物・キャラクター

イヌイ

AV女優専門の運び屋を生業としている男性。短髪で目つきが鋭く、左の頰に大きな傷がある。精神的に不安定でスケジュールを守らないことが多いAV女優を、無理やりにでも撮影現場に車で送り届けることを仕事としている。住所不定で、仕事用の車で寝泊りしている。もともと家族も身寄りも戸籍もなかったが、拾われて人を殺すことだけを教え込まれ、殺し屋を生業とし「壊し屋」と呼ばれるほどになった。その時の仕事が原因で、いっさいの痛みを感じることのない体質となった。現在は壊し屋は引退し、運び屋を専門としている。喧嘩(けんか)がめっぽう強く、痛みを感じないことを活かし、相手の攻撃をいっさい避けずにカウンターで返り討ちにしている。自分から手を出すことは少ないが、一旦戦いを始めると相手を容赦なく叩きのめす。ふだんは口数が少なく、女子高校生の森永ココアに対しても敬語で話す。実はかつて壊し屋だった時代に、殺害現場で出くわした少女のことを気にかけており、その行方を追っている。

森永 ココア

SNSで「千年に一人の美少女」と話題になっている女子高校生。東北在住の高校3年生。多額の借金を作っていなくなった父親のせいで、ココアの母は自宅で売春をしており、そのことは地元でも有名なために、学校ではほかの生徒から避けられている。その環境から抜け出すため、AV女優になることを決意する。卒業式では檀上で卒業証書を破り、全生徒に向けて「5年で10億稼ぐ」と言い放った。気が強い性格ながら、母親思いで優しい心根を持つ。運び屋としてイヌイがやって来ることを承知しており、おとなしく同行する。

笹川 良太

森永ココアが暮らす東北で、絶大なる力を持つ笹川建設の息子。ヤンチャな性格で喧嘩っ早く、子分を引き連れている。ココアのことを気に入り、自分の女にしようと考えている。イヌイに喧嘩を売って大ケガを負ったことで、子分と共に復讐にやって来る。

ココアの母

森永ココアの母親。ココアがまだ幼い頃に夫が多額の借金を作って逃げたため、現在は自宅で借金の返済のために売春をして金を稼いでいる。薬物中毒者で、ココアのことをかわいがってはいるが、正気でいることの方が少ない。本名は「信子」。

金田

群道会というヤクザ組織の幹部を務める男性。オールバックの髪型の斜視で、黒いスーツを着ている。その異常性と残忍性で周囲から恐れられ、一部の組員からは「不死身の金田」と呼ばれている。「千年に一人の美少女」と話題になっている森永ココアを自分のAVメーカーからデビューさせれば多額の金を稼げると、独断でココアを拉致した。イヌイのことは彼が壊し屋だった時代から知っている。喧嘩がめっぽう強く、痛みを感じないイヌイの弱点を突いた戦い方をする。

カレン

殺人や拷問による死体を処理する「掃除屋」の女性。黒髪の妖艶な容姿で、ツナギの前がはだけて黒い下着をのぞかせている。イヌイとは顔見知りで、組織からの依頼を受けて、手下を連れて死体を片付けにやって来る。

大野

AV制作会社「エスタプロダクション」の代表を務める男性。「千年に一人の美少女」と話題になっている森永ココアをAVデビューさせるため、東京までの護送をイヌイに依頼した。イヌイのことは彼が壊し屋だった時代から知っている。

SHARE
EC
Amazon
logo