鉄人ガンマ

3人家族の父親で気の弱い中年男丸麻照男が、自分を変えるため奮闘する姿を描く。物語は照男の視点で語られ、しばしば照男自身の冴えない過去の回想が挿入される。劇画風のこってりした絵柄でコメディタッチに描かれてはいるが、不器用ながらも真剣に生きてゆく照男の姿が感動を呼んだ、作者の代表作。第18回(1994年度)講談社漫画賞受賞作。続編として『ガンマ』がある。

正式名称
鉄人ガンマ
ふりがな
てつじんがんま
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
講談社漫画文庫(講談社) / 講談社プラチナコミックス(講談社) / モーニングKC(講談社)
巻数
全5巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

良き妻オシリーナとひとり息子雪男と暮らしている会社員丸麻照男、39歳。彼は獅子舞のような強面で筋肉モリモリだが、内面は気弱でナイーブ。自分に自信を持てないので仕事の出来もいまいち。職場のスーパー]コーダでは、同期入社の菊田は部長に昇進しているのに、自分は試食販売員に甘んじていた。そんな自分を変えたいと常々思っている照男は、人格改造セミナーに通ってみたり、若手社員に混じって苦手な夜遊びをしてみたり、女装クラブへ通ってみたりと、健気な努力を続ける。

失敗に終わることも多いが、冴えない中年男照男は、少しずつ変わっていっている様子である。

登場人物・キャラクター

丸麻 照男 (がんま てるお)

39歳。さそり座、A型。大手スーパーコーダの東京護国寺店にて食料品精肉部主任を務めている。愛妻オシリーナとひとり息子雪男とともにマンション暮らし。酒もタバコもやらず仕事一筋だが、不器用で要領が悪く、万年主任止まり。ハンバーグを焼かせたら日本一と、売り場で主婦からの評判は良い。 天然パーマに太い眉毛、厚い唇という超個性的な顔面。老け顔で、子どものころからこの顔だった。なぜか全身の筋肉がモリモリだが運動は苦手で、趣味は天体観測。性格が気弱なことや自分の容姿、学歴が高くないことなど、コンプレックスを多数抱えている。過敏性大腸症候群で、緊張するとお腹をすぐ壊す。性欲は人一倍激しい。 そんな自分を変えたいと日々悩んでいる。しかし愛妻オシリーナのためなら我を忘れて超人的な力を発揮できる。

オシリーナ

丸麻照男の妻で雪男の母親。37歳。年齢よりはるかに若く見える美貌。スタイルも良い。おしとやかで、常に丁寧な言葉づかい。純真無垢で少し天然ボケ気味。何かとくじけそうになる照男をいつも優しく包み込み、なぐさめる。登山中に彼女の美しいお尻を偶然見てしまったことから知り合ったので、照男は彼女のことを心の中で「オシリーナ」と呼んでいる。 作中に本名は出てこない。オシリーナは医者と結婚寸前まで進んでいたが、再会した照男は猛プッシュをして結婚を勝ち取った。それ以来結婚生活は十数年になるが、夫婦の間はいつまでも変わらず愛情にあふれている。

丸麻 雪男 (がんま ゆきお)

丸麻照男の息子。小学5年生。母親に似たので端正な顔立ち。性格は父親ゆずりで優しく、ナイーブ。サッカー部に入っている。大雪の降る日に生まれたので、「雪男」と命名された。がさつでないので学校でもすぐ女の子と仲良しになるが、押しが弱い面があるようで、いつも程なくしてフラれてしまう。 すぐ突飛な行動に出る変わり者の両親のことを敬愛している、素直な良い子。

菊田 満 (きくた みつる)

大手スーパーコーダ東京護国寺店社員。丸麻照男と同期入社だが、すでに食品部部長に昇進している。出世欲と上昇志向のかたまりで、その分家庭での妻との仲は冷え切っている。出世も望まず愛妻家ぶりを隠さない照男のことをじれったく思っている。浮気性で、社内の女性部下にも手を出しまくっている。 それが原因で妻が怒り職場へ乗り込んできたことがあったが、照男に何とか場を収めてもらった。

立原 美鈴 (たちはら みすず)

丸麻照男は高校3年生の夏、級友に誘われ、ナンパし放題で出会いの場所である差施子島(させこじま)へ旅行に出かけた。そこで偶然出会った美少女が立原美鈴である。挙動不審で超個性的な照男に興味を示した美鈴は夜の海岸へと彼を誘った。自分の真実の愛の相手はこの女性で、とうとう童貞喪失できるかと期待した照男だったが、ふとしたすれ違いからその望みは叶えられなかった。

黒満 ミサ (くろみつ みさ)

丸麻照男の息子雪男がスキー旅行先で出会った女の子。小学5年生。ロングヘアーの美少女。雪男と結婚の約束を交わし丸麻家を訪れ、照男と妻を驚かせた。両親は幼いころに離婚し、銀座の高級クラブのママを務める母親に育てられている。そのせいか大人びた性格で、雪男にも堅実なサラリーマンの道を歩んでほしいと言い放ち、照男を圧倒した。

長崎先生 (ながさきせんせい)

丸麻照男の通った小学校の音楽教師。若く美しい女性。照男の初恋の相手となった。照男は将来長崎先生と結婚するつもりだったが、卒業式当日に、長崎先生が結婚して学校をやめると知らされた。こうして照男の淡い初恋は終わりを迎えた。

オシリーナパパ

丸麻照男の妻オシリーナの父親。有名なベテランアナウンサー。冷めた目つきの大人。ブサイクで気弱な照男は娘の婿にはふさわしくないと考え、結婚には断固反対していた。照男と意地を張りあい、何度も珍勝負を繰り広げた。しかし心の底では娘の幸せを祈り、へその緒や結婚資金の通帳を二人に渡してくれた。

貞治 (さだはる)

丸麻照男の妻オシリーナの弟。オシリーナパパが野球選手の王貞治を敬愛しているため、この名前がつけられた。メガネをかけた青年。照男とオシリーナが結婚しようとしていた時期には高校生だった。クールで頭の良い青年。理論的ではないが本能的にすごいものを秘めている照男には一目置いている。

ジロー

丸麻照男の母親のまたいとこの男性。ハワイ在住で、観光案内の仕事をしている。顔は照男とその母親と瓜二つ。25歳も年下の20歳の若妻がいたが、逃げられてしまい傷心だったのをなぐさめるため、照男と愛妻オシリーナはハワイへと旅立った。ジローと妻を仲直りさせることは何とか成功したが、トラブルに巻き込まれ、照男はなぜかワイキキビーチでマフィア相手にプロレスをする羽目になってしまった。

野際 香世 (のぎわ かよ)

丸麻照男が通っていた三流大学羚羊(かもしか)大学の同級生。馬術部で有名な清楚な女性だったが、就職間近には、身体を使って教授に就職のコネをもらっているらしいという噂が流れていた。彼女のことを素敵な女性だと信じて疑わない照男だったが、彼女と教授との密会現場を目撃してしまい、口止めの見返りに一流企業の内定をもらった。 しかし不正は良くないと悩んだ末に、堂々と生きてゆくため、照男は内定を自分から断った。

西郷さん (さいごうさん)

大手スーパーコーダ社員。丸麻照男がコーダの入社試験に臨んだときの面接官だった。ゴリラに似たごつい中年男。アレルギー性鼻炎持ち。人事考課部長として照男の勤務するコーダ東京護国寺店に赴任し、リストラ対象を調査し始めた。接待の酒宴で照男を理不尽にいじめ抜くが、もうすぐ愛妻オシリーナが双子の女の子を出産する照男は、リストラされるわけにもいかず、苦悶する。

山根くん (やまねくん)

丸麻照男の高校時代の親友。メガネをかけたおとなしそうな男子だが、「さすらいのエッチマン」の異名を持つ性知識豊富なスケベ高校生。実家は印刷会社。不良にカツアゲされても、隣室の貸し部屋に住む若い女性のセックス音を録音した秘蔵テープを渡して難を逃れたりする強者。照男に数々の性知識を授けた。

星子、天子 (ほしこ、てんこ)

丸麻照男と愛妻オシリーナの間に生まれた双子の女の子。長男雪男の妹にあたる。星の綺麗な夜に産まれた。星子は母親似、天子は父親似。

書誌情報

鉄人ガンマ 全5巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(1998年11月発行、 978-4062604963)

第2巻

(1998年11月発行、 978-4062604970)

第3巻

(1998年12月発行、 978-4062605052)

第4巻

(1998年12月発行、 978-4062605069)

第5巻

(1999年1月発行、 978-4062605236)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo