銀色のハーモニー

銀色のハーモニー

学校でピアノを弾いている霧島海に惹かれた主人公結城琴子が、恋と二人の関係に葛藤する様子を描いている。

概要

内気な中学生の主人公結城琴子は、ある日学校で霧島海がピアノを弾いているのを見て心を惹かれる。密かに想いを寄せていると、恋敵が現れ悩むことになる。さらに、叔父の家に霧島海と自分との関係を示す写真を発見し、さらに葛藤を抱えることになるのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

中学2年生。3組所属。ショートカットのおとなしめの女の子。自分のことには臆病だが、友達のためなら大胆な行動力を見せる。本が大好きで図書委員を務めている。初めて会った時から海のことが気になってしょうがな... 関連ページ:結城 琴子

琴子と同じ3組所属のクラスメイト。中学入学時に声をかけ、親友となった。肩までの髪で少しパーマかかっている。男子にもからかわれるくらい気が強い。クラスの女子の中では中心的人物。優しい矢野先生への初恋に夢... 関連ページ:小池 鈴子

矢野 恭二

琴子の担任の先生。隣の中学から転任したばかりで担当は数学。25歳、独身。酒屋の次男坊。ノリが良く、男子にも女子にも人気が高い。鈴子が一方的に片思いをしていたが、彼女ができ、その後結婚する。

神崎 研一郎

鈴子の幼馴染でくされ縁が続いていたが、中学2年にしてクラスが分かれる。メガネの学年一の秀才。テニス部所属。幼いころからずっと鈴子のことが好き。人の気持ちに敏感で、琴子の恋も誰よりも早く気づき、応援している。

琴子が美術の時間に絵を描いているところに、スケッチブックにぶつかったサッカーボールを蹴った少年。研一郎と同じクラスの友人で、サッカー部所属。ピアノの演奏も得意で、本当はピアニストになりたかったが、家庭... 関連ページ:霧島 海

仁科 響子

海の彼女。銀行のお偉いさんの娘で典型的なワガママお嬢様。長い黒髪に少しつり目の女の子。気が強く、いつも海を追い回している。小学校の時は研一郎を追いまわし、いつも鈴子を目の敵にしていたため、今でも2人の仲は悪い。家庭教師を2人つけていることもあり、成績は上位者。サッカー部のマネージャーでもある。

琴子の叔父。琴子が幼い頃、おもちゃのピアノをプレゼントしてくれ、今でも遊びに来るたびにお土産を持ってきてくれる。口髭が特徴で、30代半ばの独身。ピアニストを目指してウィーンに留学していた過去があり、ヨ... 関連ページ:榊 晴海

海の母親。3年前に夫を亡くし、今は息子の海に手伝ってもらいながら、ひとりで喫茶店を切り盛りしている。琴子が姉と間違えるくらい若くて綺麗。琴子のことを気に入っている。実は琴子の叔父の晴海と同級生で、学生... 関連ページ:霧島 詩史

3年生、仁科響子の兄。メガネでクール。生徒会の議長をしている。女の子からモテるが、告白を受けたことはない様子。鈴子とは小学校も一緒で今でも同じ委員をしており、奏一のピアノを聴いてから鈴子は恋に落ちてし... 関連ページ:仁科 奏一

お母さん

琴子の母親。いつも和服と割烹着姿で古風な姿。クイズが大好きで、子供たちにいつもクイズを出して楽しんでいる明るい母親。琴子の漫画を勝手に持ち出して読んでいるらしい。晴海の姉でもあり、いつまでも独り身の弟を心配して、お見合いの写真を集めたりもしている。

結城 天

琴子の弟で、小学生。やんちゃで元気で、琴子とケンカもするが仲の良い姉弟。お年玉を貯めてスーパーファミコンを買う計画をしている。

お父さん

琴子の父親。仕事が忙しく家にいることは少ないが、休日には息子の天と一緒にキャッチボールをしたり、家族サービスをしている。年頃の娘の琴子の扱いはイマイチわからず、戸惑っている様子。

結城家に飼われている犬。体が真っ黒で月の輪グマみたいな三日月が胸元にあり、いつもニコニコしている。お散歩が大好きで一日に何度も行きたがる。食い意地もはっていて、クッキーでも果物でも何でも食べてしまう。... 関連ページ:クマ

みっちゃん

琴子と鈴子の同級生の女の子。黒髪で2つに結んでいる。2人の仲を心配したり、琴子と鈴子の間に入って話すことも多い。

書誌情報

銀色のハーモニー 全4巻 〈集英社文庫 コミック版〉 完結

第1巻

(2002年10月発行、 978-4086178471)

第2巻

(2002年10月発行、 978-4086178488)

第3巻

(2002年12月発行、 978-4086178495)

第4巻

(2002年12月発行、 978-4086178501)

SHARE
EC
Amazon
logo