阿弖流為II世

阿弖流為II世

8世紀末から9世紀初頭に東北地方で政府に反乱を起こした阿弖流為。最期は自らの首を刎ねた阿弖流為が、1200年の時を経てある考古学者の身体に宿ることで転生した。太古の昔から続く異星人の間で繰り広げられてきた争いが、現代日本で決着する。原作は小説家の高橋克彦。

正式名称
阿弖流為II世
作画
原作
ジャンル
生まれ変わり、転生
 
バトル
関連商品
Amazon 楽天

概要

太古の昔、宇宙を旅していた異星人の一団が、宇宙船・龍の柩が墜落したことで地球にやってきた。高度な科学力と不可思議な力を有する彼らは人類に文明を与え、神とあがめられるように。しかし異星人たちはいつしか2つの派閥に分かれ対立するようになってしまう。一方は龍の柩を修復して母星に帰ろうとする派閥。もう一方は、龍の柩を飛び立たせると地球の生命が死滅するため地球に留まり共存をはかろうとする派閥。

2派閥の対立が極まったのが8世紀末から9世紀初頭にかけての日本だった。母星帰還派の坂上田村麻呂と地球残留派の阿弖流為。この対立は最終的に阿弖流為が自らの首を刎ね、龍の柩の動力源である龍を自身とともに封印したことで終結する。

地球を飛び立つ手段を失った坂上田村麻呂をはじめとする母星帰還派はその後、その強大な力で裏から人類を支配し、龍の封印を解く方法を模索するのだった。
時が流れ西暦2000年、事態は動き始める。考古学者の神上龍一が調査の結果、地球には太古の昔から異星人がいるという事実と龍の存在をつかみ、また阿弖流為が封じられた一振りの剣を発掘。

これを知った坂上田村麻呂は配下に命じて龍一の仲間を皆殺しにし、さらに龍一の命を奪おうとする。胸に銃弾を受け絶命しようとする龍一。しかしそのとき、龍一が背負っていた剣が目ばゆい光を放ちはじめるのだった。この光こそ阿弖流為の意思。

こうして1200年ぶりに龍一の身体を借りて転生した阿弖流為は、長きにわたる母星帰還派との因縁に決着をつけるため、坂上田村麻呂に挑戦状を叩きつける。

登場人物・キャラクター

主人公

太古の昔に地球に流れ着いた異星人の一人。地球に生きる人々を愛する人物で、宇宙船・龍の柩が飛び立つと膨大なエネルギーの影響で地球の生命が死滅してしまうため、母星に帰ろうとする一派と対立するようになった。... 関連ページ:阿弖流為

考古学者で東都大学考古学研究所で助教授を務める。縄文遺跡の発掘で数々の功績を誇り、また超常現象にも造詣が深く、テレビや雑誌でも人気を博し活躍していた。独自の調査で、かつて異星人が乗った宇宙船・龍の柩が... 関連ページ:神上 龍一

太古の昔に地球に流れ着いた異星人の一人。母星に帰りたいと望む一派に属し、その思いは非常に強い。母星に帰るために宇宙船・龍の柩を飛び立たせると地球の生命が死滅してしまうため、地球で生きていこうとする一派... 関連ページ:坂上 田村麻呂

出版社・華蔦出版の週刊ボストン編集部で記者を務める女性。考古学者・神上龍一の恋人であり、プロポーズされていた。発掘調査に赴いた龍一から「龍を発見した」というメールを受け取ったことで、坂上田村麻呂一味か... 関連ページ:小笠原 美雪

SHARE
EC
Amazon
logo