難波

馬屋古女王(漫画)の登場人物。読みは「なにわ」。別称、難波王。山背大兄王子とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
馬屋古女王(漫画)
正式名称
難波
ふりがな
なにわ
別称
難波王

総合スレッド

難波(馬屋古女王)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

山背大兄王子と 舂米女王の間に生まれた王子。弟弓削と共に殯宮を探検した際に馬屋古女王に遭い、その後馬屋古と共に祖父厩戸の玄室にいるところを蘇我入鹿に発見される。それ以来高熱を出して寝込み、馬屋古に強い執着を示す錯乱状態となってしまう。実在の人物難波王をモチーフとしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

厩戸王子と刀自古郎女に生まれた長子として、厩戸王子亡き後の上宮王家を一身に背負う当主である青年。政治的にもすでに頭角を現しているが、父亡き後確固たる地位を手にしていないことへの焦りを感じている。真面目...
厩戸王子と膳美郎女の間に生まれた末娘。14~15歳。父の美貌と超能力を受け継ぐが、盲目で聾唖。本能のみで生きる魔性の存在。表向きは重度の障害ゆえという理由で、人目に触れさせないよう軟禁されていた。父厩...

登場作品

父厩戸王子によってその存在を封じられていた末娘馬屋古女王は、厩戸の死後、山背大兄王子によって監禁を解かれ、外へ出される。厩戸の葬儀を行うため、殯宮に集まった厩戸の一族の人々は、常人離れした美貌の父に良...