雪井出 薫

雪井出 薫

嘘喰い(漫画)の登場人物。読みは「ゆきいで かおる」。

登場作品
嘘喰い(漫画)
正式名称
雪井出 薫
ふりがな
ゆきいで かおる
関連商品
Amazon 楽天

概要

甚平を着た青年。賭郎会員。倶楽部「賭郎」を通じてギャンブルで対戦相手のアリバイを奪い、官僚やエリートによる犯罪のスケープゴートを作り出す「懲役ギャンブル」の実行者。嗜眠性脳炎を患っており10数年の間昏睡状態にあった。人生の10年間の空白を埋めるために思い出を賭ける「0円ギャンブル」を行っていると言い、カモを騙していた。

「懲役ギャンブル」の際はラビリンスと呼ばれる卓上ゲームを用いる。幼い頃から警察である父親に秩序を守ることを教え込まれ、秩序を乱すものを「蟻」と呼ぶ。斑目貘との戦いに敗れ命の取り立てが実行されることとなるが、再び嗜眠性脳炎が発症。この状態を「死んでいるようなもの」とするの提案により、取り立てを逃れた。

関連人物・キャラクター

斑目 貘

銀髪にオールバックの青年。賭博組織倶楽部「賭郎」を介して行われたギャンブルで勝利を重ね続けた伝説のギャンブラー。相手の嘘やブラフ、イカサマを見抜き食らい尽くすことから「嘘喰い」と呼ばれている。かつては... 関連ページ:斑目 貘

関連キーワード

倶楽部「賭郎」

『嘘喰い』に登場する組織。組織の頂点であるお屋形様、101名の立会人とその私兵、その他多数の掃除人や黒服、さらに48名の会員から構成される。会員の希望に応じて立会人を派遣し、ギャンブルを仕切らせ、勝敗... 関連ページ:倶楽部「賭郎」

登場作品

嘘喰い

「嘘食い」の異名を持つギャンブラー斑目貘を中心に、賭博組織倶楽部「賭郎」を介したギャンブルを描く。迫稔雄のデビュー作。 関連ページ:嘘喰い

SHARE
EC
Amazon
logo